Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

この研究は、日本のエキゾチックペットに対する消費者の動機を明らかにしています

今日の野生生物が直面している多くの脅威の中で、国際的なペット取引は、一部の種を絶滅に追いやる重要な要因として認識されています。 エキゾチックアニマルの取引は世界中の多くの国で行われており、日本は最大の消費国の1つであり、アジアに広がるエキゾチックアニマルカフェのトレンドオーガナイザーでもあります。

エキゾチックなペットを好む人々の基本的な動機を理解することは、彼らの行動の永続的な変化を達成するための効果的な努力をするために不可欠です。 これは、種の絶滅を防ぎ、地球の生物多様性を保護するのに役立つ対策の1つであると、日本交通局長であり、WWF日本野生生物グループの責任者であるトモミギデット氏は述べています。

GlobeScanはWWFJapanとTRAFFICから委託されました エキゾチックペット、社会的および行動的変化(SBC)イニシアチブの開発を促進する

調査によると、メディア、ペットショップ、アニマルカフェなど、多くのパートナーがエキゾチックペットの購入に大きな影響を与え、需要を改善できることがわかっています。 したがって、彼らが責任を持って連絡を取り、潜在的な問題に関する情報を提供し、購入が責任を持って行われるようにすることが重要です。」

北出知美、日本運輸局、WWF日本野生生物グループ会長

小さな爪のビーバー イオニクス副鼻腔

小さな爪が脅かされているビーバーの窮状 イオニクス副鼻腔 マスメディアやソーシャルメディアをきっかけにした最近の日本のブームは、交通によって明らかにされたように、東南アジアからの違法取引の突然の増加につながりました。 2018年の研究

現在の飼い主とエキゾチックペットを目指す飼い主の間でペットの飼い主の主要な推進力いやし「(動物の癒しの性質)と」カワイ」(動物の美しさ)。 動物の希少性は強い要因ではありません。 実際、飼いならされたペットの動機は同じで、エキゾチックなペットを飼いたいという人の多くは飼いならされたペットを飼うことを好みました。

調査によると、現在、日本の人口の2%がすでにエキゾチックペット(この研究で使用されている「エキゾチックペット」という用語で定義)を飼っていて、1%がペットを購入することを好みます。 現在の所有者とこの調査への参加を希望する所有者のほとんど(67%)は、家族や友人が協力的であると感じていました。 エキゾチックペットを飼っていない、または飼いたいと思っている人の21%だけがエキゾチックペットを支持していますが、ほとんど(31%)は反対し、ほぼ半数(47%)は無関心です。

絶滅危惧種や違法取引だけでなく、感染症、動物福祉、侵入種の生態系への侵入など、多くの問題を抱えています。 しかし、これらの問題に対する意識は、日本の人口の間では低いことがわかりました。 フィードバック調査 WWFは2021年3月に日本が主催しました。

「この研究の結果は、意思決定プロセス中に将来の飼い主を刺激して、絶滅危惧種の購入を減らすのに役立つということです。また、エキゾチックアニペットの飼い主の社会的受容を変えることは、購入する」と述べた。

これらの洞察は、効果的なSBCコミュニケーションを設計する福音主義者を通じて、アンバサダーを通じて、ターゲットオーディエンスに到達し、彼らの態度を変え、より望ましい行動に向けて動機付けます。

WWF JapanとTRAFFICは、さまざまなパートナーやパートナーと協力して、社会規範を変え、魅力的なペットに対する消費者の行動を変えます。

READ  日本では、納税者は新鮮な果物と真空ステーキの贈り物を楽しんでいます