Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

これが、色あせたインサイト火星着陸船からの最後の自撮り写真です

ほこりに覆われたInSight着陸船のパノラマセルフィー。

NASAは、火星インサイトの着陸船が撮影する最終的な自画像を共有し、周囲のレゴリスに塵で覆われたソーラーパネルが溶け込んでいることを示しています。 InSightミッションは今年終了する予定であり、プローブは可能な限り多くの科学データを収集するために残りのすべての力を必要とします。

先週の記者会見で、NASAは次のように発表しました InSightは2022年の終わりにすべての操作を停止する可能性があります。 ミッションの終わりは、宇宙船のソーラーパネルに蓄積するほこりの量によるもので、宇宙船が引き出すことができる電力の量を制限します。

InSightは3年間、火星の表面で懸命に取り組んできました。 火星の空の写真を撮る そして、地震計を使って沼地を検出します。 2年間、プローブは火星の表面にドリルで穴を開けるために熱プローブ「モル」を使用しようとしました。 ツールが海綿状の土に詰まる前。 今月初め、着陸船 これまでに知られている最大の地震活動を発見する 別の惑星で:火星のどこかでマグニチュード5の地震が発生しました。

プローブはまた科学者に与えました 火星の内部を最もよく見てください、 同様に、今日地球上で動作している地質学的および地震システム。 InSightはこれまでに1,313の地震を検出しており、これまでのところ、科学活動が終了する前にさらに多くの地震を検出できます。

InSightのほこりで覆われたソーラーパネルの1つ。

The mission’s end has been a creeping certainty. The lander has previously been セーフモードで適用 火星の砂嵐の。 ブリッジング対策 プレートからほこりを取り除くのに役立ちました。つまり、火星のほこりを意図的にほこりに落とし、それを追い出すことでしたが、そのような対策は避けられないことを長引かせたようです。

この最後の自撮り写真は4月24日に撮影されたもので、宇宙船のソーラーパネルに蓄積したほこりの量を示しています。 着陸船の1回目と2回目の自撮り写真で見つかったものよりもはるかに多くのほこりです。 2018年12月に撮影2019年3月から4月の間

自撮り写真はモザイクです。つまり、複数の写真からつなぎ合わせられます。各写真では、着陸カメラを保持しているロボットアームが異なる位置にある必要があります。 NASAによると、電源が減少しているため、自撮り写真はバッテリーを消耗する価値がなく、ロボットアームは今月は休止モード(または「リタイアメントモード」)に移行します。

先週の記者会見で、InSightの副プロジェクトマネージャーであるCathia Zamora Garcia氏は、地球探査機の科学活動は7月中旬に終了する可能性があると述べましたが、火星の気候は予測できません。

InSightにどれだけの時間が残っていても、このような素晴らしいパノラマで着陸船を二度と見ることはないでしょう。

詳細:砂嵐が中国の火星探査車をセーフモードに送る

READ  ペンタゴンの UFO 報告はエイリアンについて疑問を投げかけます: 科学者の言うこと