Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

これが2021年前半の韓国で最も売れ行きの良い映画のトップ10です-マニラニュース

(左上から時計回りに)Fast&Furious 9、Demon Slayer:Kimetsu no Yaiba the Movie-Mugen Train、Soul、Cruella、Minari(KOFIC)

「ワイルド・スピード9」は、映画振興委員会(KOFIC)のデータに基づいて、2021年前半に韓国でデビューしました。

今年上半期、韓国の映画館は2,002万枚のチケットを販売し、前年同期の3,241万枚から38%減少した。

1月から6月に韓国で上映された映画は、前年同期の2,738億ウォン(2億4,214万ドル)から31%減の1,8635億ウォン(1億6,480万ドル)となった。

韓国の映画産業は、社会的距離の規則により映画館が100%の座席数で運営できないため、コロナウイルス病(COVID-19)によって大きな打撃を受けています。

「ワイルド・スピード」は、今年上半期に韓国で最も売上高の高い映画となり、227万枚のチケットを販売し、1,942万ドルの売上を記録しました。

昨年の9本の映画と比較して、今年の上半期に韓国で少なくとも100万本のチケットを販売したのは5本の映画だけでした。 『鬼滅の刃』(228万枚)、 『鬼滅の刃』(214万枚)、 『スピリット』(204万枚)、 『クルエラ』(153万枚)、 『ミナリ』です。 “(113万)。

これが2021年前半の韓国で最も売れ行きの良い映画のトップ10です。

1.「Fast&Furious 9」(米国)-2,279,952枚のチケット販売/ 19.42百万ドル(総額)

2.「悪魔の殺し屋:鬼滅の夜ば映画-無限の列車」(日本)-2,145,986 / 1,822万ドル

3.「ソウル」(米国)-2,048,079 /16.83百万ドル

4.「クルエラ」(米国)-1531.974-1300万ドル

5.マイナー(米国)-1,133,027ドル/ 900万ドル

6.「TheConjuring:The Devil Made Me Do It」(米国)-773,090ドル/ 686万ドル

7.「静かな場所:パートII」(米国)-703,485 / 598万ドル

8.「ゴジラVS。 Kong」(米国)-670,677 / 585万ドル

9.ハードヒート(韓国)-467.789ドル/ 383万ドル

10.「ミッション:可能性」(韓国)-447111 / 359万ドル



毎日のニュースレターを購読する

登録するにはここをクリックしてください

READ  ランタンストライク(ストロングユニット)-ブルックリン鉄道