Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

これは、Xbox ActiBlizz 契約を通じてソニーに「警鐘を鳴らす」ように設定したメールです

これは、Xbox ActiBlizz 契約を通じてソニーに「警鐘を鳴らす」ように設定したメールです

更新するには: さて、もう推測する必要はありません。 ザ・ヴァージのトム・ウォーレン 同氏は問題の電子メールのうち2通を共有し、2022年半ばからのフィル・スペンサーとジム・ライアンのやりとりの一部を明らかにした。

ライアンの電子メール (2022 年 5 月 26 日付け) は広範囲にわたっており、彼の対案では、すべての Activision ゲームを「長期」の取り組みの一環として PlayStation で利用できるようにする必要があること、またそれらのゲームが「不平等」の対象となるべきではないという事実を示唆しています。サブスクリプションサービスにおける扱い。” “。 さらに「ベセスダのゲームの平等な扱い」にも言及し、これは別の合意の一環として「両当事者が議論する論理的なテーマ」になるだろうと述べている。

これに対し、Xbox 社長のフィル・スペンサー氏は 2022 年 8 月に次のように述べました。

ご返信ありがとうございます。メールや電話でお伝えしたように、ソニーは Activision コンテンツの貴重なディストリビューターであり、Activision の買収が完了した後もその関係を維持する方法を見つけたいと考えています。

私は、ソニーとのコミットメントを記念する署名とともに、2022 年 1 月 31 日にお送りした書面による契約書を支持し続けます。 この契約では、2027 年 12 月 31 日まで、Call of Duty シリーズやソニーの既存の Activision シリーズの今後のリリースを含む、現行のすべての Activision コンソール タイトルをソニーで保持します。これには、コンテンツと機能の同等性が含まれます。タイム リリースは表示されません。Xbox 本体のそのようなコンテンツに限定されます。

2022 年 5 月 26 日の電子メールに記載されている原則は、市場をリードするソニーの役割と調和するのが困難です。 以前にも言ったように、Minecraft の場合と同様に、これらのタイトルをソニーに残しておくことが、業界にとってもプレイヤーにとっても正しいことだと信じています。」

以下のツイートでこれらのメールをご自身でご覧いただけます。


元ネタ: ソニーがマイクロソフトによるActivision Blizzard買収の試みに断固として反対していると長い間聞いていたが、2022年1月の古い電子メールによると、当初はそうではなかったという。

この電子メールの中で、PlayStation の社長であるジム・ライアンは、買収が完了した後はブランドが「さらに良くなる」と感じており、Xbox と Activision が成功するとは思っていなかった、と述べています。 コール・オブ・デューティ エクスクルーシブ。

どうしたの? ライアン氏は今週のFTC公聴会の一環として、Xboxの最高責任者フィル・スペンサー氏が2022年8月に送った電子メールがソニー社内に「警鐘を鳴らした」とされると説明した。

このメールの内容については何も語られていないが、フィル・スペンサー氏がもともと2022年5月にジム・ライアン氏に連絡を取り、Xboxがプレイステーションに残していく予定のゲームのリストを伝え、それがソニーに対案を出すきっかけとなったことはわかっている。 その後、スペンサー氏は 8 月にソニーに警告を与える電子メールで返信した。

おそらく、いつかそのメールに何が含まれていたのかが分かることになるでしょうが、今のところは推測ゲームをする必要があります。 いずれにせよ、ジム・ライアン氏が今週強調したように、ソニーは買収という考えに断固として反対し続けている。

「マイクロソフトは『Call of Duty』を利用して、PlayStation コンソールでのゲームの可用性や利用方法に関して PlayStation に損害を与え、PlayStation プレイヤーを Xbox プラットフォーム、特に Game Pass に誘導するつもりであると我々は考えています。」

READ  日本の公的機関は、同時通訳が可能な人工知能を開発しています。 2025年大阪・関西万博で活用される技術