Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

しょぐばんは酸味に強い:日本の牛乳パンの台頭 | オーストラリアの食べ物と飲み物

R.eiji Honorはシンガポールと日本で柔らかい白パンを食べて育った。 2005 年に彼と彼の家族がオーストラリアの都市に引っ越したとき、彼らがしょうぐぱん (日本の牛乳パン) に最も近い場所は、Prampi’s Bakery の白パンでした。

「私の日本人の母親は、パンを一丸ごと買って、それを厚くスライスしていました。 しかし、それは決して同じではありませんでした。 白パンにはない、食パンにさりげないデザートがあります。 」

メルボルンのヒッピー カフェが提供する、しょうぐばん、カラジェ、黒韓国ソース、ガーゼ、きゅうり、オニオン クリーム、ガーリック チップスで作った「イソサント」。 写真:ひびき

オナーがホテルを開いたとき、 ヒピキ 2018年のメルボルンでの彼は、「私たちは初日から私たちのカフェで正具番を食べています…密度の高いカット、滑らかな食感、そして甘くてミルキーな味が本当に好きです.」

オーストラリアのパンの好みは、酸っぱい歯のパンに向かっています。 その中で 7 27億産業、市場調査会社 Ibis World は、混合穀物、茶色およびライ麦パン製品を含むパンが現在 33.5% の収益を上げていることを発見しました。 従来のロールパン (業界の 37.6%) も、シリアルやナッツなどの余分な繊維で作られています。

正具番はアウトドア用のパンです。 最近ブリスベンでSwiss & Loves Japaneseベーカリーを経営している中川優さんは次のように説明します。 彼女は、「生地が固いのではなく、軽くて弾力があるべきです」と言います。

「押すときも、噛むときも、少し抵抗があるはずです。しょぐばんは決してやわらかくしてはいけません」と永川さん。

この結果を達成するには、非常に特殊なベーキング技術が必要です。 「しょぐばん粉にはバター、牛乳、またはクリームが含まれています」とレオ・リーは言います。 パックモノパッカーズ2020年にメルボルンにオープン。 この追加には、英語名であるミルクブレッドがあり、「通常の白パンに比べて脂肪が多い。 こちらも小麦粉の一部を熱湯で混ぜて作る「うでん製法」です。 その結果、ふわふわでやや薄めの食感と、香ばしい皮がふわふわした、柔らかな中ができあがります。 」

しょぐぱんは品薄状態のため、Pacmono Bakers ではパンを求めて外で長い列を作っていることも珍しくありません。 シドニーのインナー・ウエストにあるアスキー・ベーカリーも同様に人気があります。

Honor の Shoguban への関心は、オーストラリア人が日本を休暇先として知っているという事実と関係があります。 2019 年、日本はオーストラリア人にとって最も人気のある観光地の 10 位にランクインしました。 パンはオーストラリアや日本では朝食の定番です。 しょうぐばんは日本独特ですが、オーストラリア人にもなじみがあります。 」

食パンの優しさは、日本料理においてパンが果たす独特の役割を体現しています。 ヨーロッパの伝統的な料理では、パンは通常、サンドイッチのベースまたはスープをきれいにするために使用されます。 そのため、パンは分厚くしっかりしていて、液体に浸されても疲れにくいものが必要です。 でも日本ではカレーとご飯を合わせるときにスープはご飯や麺と一緒に食べます。 そのため、日本ではパンは主食の一部ではなく、スナックと見なされています。

和風の甘いフルーツサント。
旬のフルーツとクリームを使った和風フルーツサンド。 写真:タリア・チェルネンコ/500px/ゲッティイメージズ/500pxプラス

たとえば、フルーツ サントスは、アフタヌーン ティーとデザートの中間に位置する非常に光合成的なおやつです。 日本風のレストランでシェフのプリパット・クライコングワン氏が語る さんとち シドニーでは、Fruit Santos は日本の外出先での食事で、自動販売機やコンビニエンス ストアで購入できます。 「シドニーのカフェでは、クリーム、イチゴ、マンゴーとクリームなどの調味料を減らすために、ヨーグルトを少し使ってフルーツ サントを作ります。」

ニューサウスウェールズ州サリー ヒルズのサントチ レストラン
ニューサウスウェールズ州サリー ヒルズのサントチ レストラン 写真: Blake Sharp-Wiggins / The Guardian

でもしょぐばんは美味しいおやつのサイトでもあります。 Kreikongwan 氏によると、醤油を揚げたとき、内側はまだ柔らかく、外側は液体の半分が入るほど滑らかです。 カレーパンは、カレーリーフの近くでパンを出すのではなく、揚げたパンにしょうぐパンを入れたもので、中には日本のカレーが入っています。まるでふわふわのパイのようです。

しょうぐパンの最終的な違いは、日本の家電製品の副産物である厚切りの切れ端です。 長川さんは日本を訪れたときのことを思い出した。典型的なホテルの部屋にも、パンを味わうことができる多機能オーブンがあったはずだ。 「日本では普通のトースターを見たことがないと思います。ホテルのコンロはグリルのようなものなので、パンを水平にスライドできるので、実際にパンをより厚くスライスすることができます。」

Lee 氏はこの感覚に共感し、私たちの食パンをどのくらいの厚さに切るべきかについて簡単なヒントを与えてくれます。 「ポップアップ式トースターに収まると、こんなに薄くなる!」

READ  Ong 300万の核ロボット取引は、LongOpsの日英取引で初めてです。