Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

そして地方自治体は東京オリンピックのトレーニングキャンプを開始しています

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本の地方自治体は、今夏のオリンピック・パラリンピックに出場する外国人選手の東京前トレーニングキャンプを中止することを決定した。

水曜日の時点で、78の自治体が選手や地元の人々のためのトレーニングキャンプや移籍プログラムを中止することを決定した. その後、さらに多くの自治体が同様の決定を下した。

一方、いわゆる開催都市など、外国人選手の受け入れをまだ計画している自治体では、ウイルス対策を強化している。

栃木県高根沢市は、レソトから陸上選手やボクサーなど25人を受け入れ、地元の小中学生向けにアフリカの文化や地理的特徴を学ぶ会報を作成する取り組みを行っている。 国。

しかし、在日レソト大使館は、ウイルス危機のさなか、在宅勤務制度を導入したため、取り決めがまとまらず、プロジェクトの中止を決定した。 大使館は引き続き市を支援しているが、高根沢市政府はレソトのアスリートや市内の学生のためのオンライン連絡イベントの開催を検討している.

ベリーズの開催都市であるシバ県と横芝光町も、中米の選手のトレーニングキャンプを中止することを決定した。

日本政府は、海外からのオリンピアンとパラリンピアンを提供する地方自治体に対して、コロナウイルスへの対応に関するガイドラインを発行しました。

市はベリーズの選手を受け入れることは不可能と判断したが、横芝光町の佐藤陽彦市長は、指導の下で設置された交通、避難所、トレーニング場所の制限は非常に厳しいと述べた。 市は、コロナウイルスに対する地元の予防接種を優先する必要があります。

「(ベリーズの)アスリートがウイルスに感染し、スポーツに参加できなくなった場合、大変申し訳ありません」と佐藤氏は付け加えた。

一方、南アフリカの男子7人制ラグビーチームの開催地を計画している鹿児島市は、ガイドラインに従って対応できることを望んでいる。

市は 6 月末までに開催都市として登録する必要があります。 2019年ラグビーワールドカップ日本大会に先立ち、南アフリカでトレーニングキャンプが行われました。

富山県東京都は7月中旬、ポーランドからレスラーを含む21人を迎える。 市が運営する体育館をトレーニングに利用できるようになる。

市の当局者は、ポーランドの選手は「安全だと感じている」と述べ、富山のコロナウイルスの状況はヨーロッパの国よりも安定していると指摘した.

しかし、当局者は、アスリートが日本に滞在している間、公共交通機関の使用を禁止し、毎日ポリメラーゼ連鎖反応検査を実施するなど、より厳しい規則に懸念を表明した.

「(ポーランドの)選手が日本に来て、コロナウイルスの検査を受けるのにどれくらいの時間がかかるかはわかりません」と当局者は付け加えた. 多高市は、選手を市内に連れてくるためのいくつかの方法を検討する予定です。

誤報と過剰情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  東京2020は、インフルエンザに強いにもかかわらず、静かに日本を悩ませています