Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

そして日本電産は、取締役会会長のライバルとして5人の最高経営責任者を抱えています

日本の電気モーターメーカーである日本電産株式会社は月曜日、5人の候補を並べて、最終的に同社のナンセンスな創設者である永守重信(78歳)から会長を引き継いだ.

この動きは、同社の長期にわたる後継者争いの最新の章であり、永守氏は昨年、2021 年に別の CEO を指名した後、驚きの最高経営責任者 (CEO) として復帰しました。

日本電産は、取締役会が金曜日に、4 月 1 日付けで 5 人のエグゼクティブ バイス プレジデント (EVP) を指名することを決定したと述べた。 2024 年 4 月から 5 人のうちの 1 人が大統領に就任する予定です。

社長として4年間務めた後、この人は社長に任命されるだろうと日本電産は述べた.

京都に本拠を置く同社は声明の中で、永守自身が2024年4月に取締役会の代表となり、現在の会長兼最高経営責任者としての地位を現社長の神戸浩司に譲ると述べた.

「その後、徐々に仕事から離れていきます」と永守氏は月曜日のオンライン記者会見で記者団に語った。

大塚俊之、西本達也、慶太義久、古関俊彦、岸田光也の5名がEVPに名を連ねた。

READ  日本銀行が円安にもかかわらず低金利を維持している理由