Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

その他のスポーツ: モーターレース – 日本グランプリ F1 統計

その他のスポーツ: モーターレース – 日本グランプリ F1 統計

(ロイター) – 鈴鹿で日曜日に開催された世界選手権第4戦F1日本グランプリの統計:

周回距離:5.807km。 総距離:307.471km(53周)

2023年選手権1位:マックス・フェルスタッペン(オランダ)レッドブル、1分28秒877。

2023 年のレース勝者: フェルスタッペン

レース記録: ルイス・ハミルトン (GBR) メルセデス 2019: 1 分 30.983 秒。

開始時間: 0500 GMT (現地時間 14:00)

日本

日曜日のレースは世界選手権史上38回目、鈴鹿では34回目の日本グランプリとなる。 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックのため、レースは2020年と2021年には開催されなかった。

狭くて高速なサーキットは昔ながらの 8 の字レイアウトで、デグナー 1 と 2、スプーン、130R が 295 km/h で高速ターンします。

現役ドライバーの中では、ハミルトンが日本で5回優勝(2007年富士、2014年、2015年、2017年、2018年)、フェルナンド・アロンソが2回(2006年鈴鹿、2008年富士)優勝している。 他の優勝者はフェルスタッペン (2022、2023) とバルテリ ボッタス (2019) です。

フェルスタッペンは日本GPの過去2レースで優勝しており、昨年の優勝に19.387秒の差をつけている。

フェラーリが最後にホンダが所有する鈴鹿サーキットで優勝したのは2004年、ミハエル・シューマッハだった。このドイツ人は日本GPで6回、合計8回、英田で開催されたパシフィックGPで優勝しているという記録を持っている。

鈴鹿での33レース中、優勝者は28回フロントローから勝利し、17回ポールポジションを獲得した。 キミ・ライコネンはマクラーレンに所属し、2005年に17番グリッドから優勝した。

過去17名の優勝者のうち10名がポールポジションからスタートしました。

日本人ドライバーでグリッドにいるのはRBの角田裕毅ただ一人だが、ダニエル・リカルドの代わりに岩佐歩夢がレッドブル所有チームの初練習に参加する。

チャンピオンシップリード

フェルスタッペンは記録的なレース数でチャンピオンシップをリードし、2022年5月のスペイン大会から42戦連続に到達したが、フェラーリのシャルル・ルクレールとはわずか4ポイント、レッドブルのチームメイトであるセルジオ・ペレスとは5ポイントの差で日本に到着した。 。

勝利

フェルスタッペンは今シーズン、3レース中2勝を収め、オーストラリアではフェラーリドライバー、カルロス・サインツの手によって彼の連続9連勝記録が止まった。

サインツは2022年以降レッドブルに勝った唯一のドライバーだ。

ハミルトンはキャリア通算335戦出走103勝の記録を保持しているが、48戦連続勝利なしが続いており、2021年以来の勝利を目指している。

昨年はレッドブルが22レース中21勝したが、フェルスタッペンは記録となる19レースで優勝し、過去36レース中33勝を記録している。

チームは 115 レースで勝利し、歴代優勝者リストで 4 位にランクされています。 フェラーリが244ポイント、マクラーレンが183ポイント、メルセデスが125ポイントで首位に立っている。

フェルスタッペンはグランプリを56回獲得しており、歴代3位となっている。 ミハエル・シューマッハが91点で2位となっている。

最初の場所

ハミルトンは104回のポールポジションを記録しており、最後にポールポジションを獲得したのは昨年のハンガリーだった。

フェルスタッペンは今年これまでの3レースすべて、そして過去4レース合計で1位から出場権を獲得している。 彼は2015年のハミルトン以来、シーズン最初の4レースでポールポジションを獲得した初めてのドライバーとなる可能性がある。

説教壇

フェルスタッペンはキャリアの中で100回の表彰台を獲得している。

レッドブルのドライバーは昨年、1シーズンで21回の表彰台という記録を達成したが、シーズン(2002年)の全レースで表彰台に立った唯一のドライバーは依然としてミハエル・シューマッハだ。

振り向く

フェルスタッペンがキャリア通算3,000回に到達するには、トップで39周を必要とするが、これまでハミルトン、シューマッハ、セバスチャン・ベッテルのみが達成した偉業である。

(ロンドンにてアラン・ボールドウィンによるレポート、プリサ・サーカールによる編集)

READ  Torque GC - LIV ゴルフチーム