Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

それほど速くはない:日本のシンクタンクは、中国の経済は2030年まで米国を追い抜かないだろうと予測している| 英文台湾日報

台北(台湾ニュース)-中国は長年、世界最大の経済国として米国を追い抜こうとしていると言われていますが、最新の調査によると、待望の瞬間が未来に向かっているようです。日本経済研究センター(JCER)。

a 新しいレポート シンクタンクによると、中国のGDPは2033年まで米国のGDPを超えることはないと予測されています。 日経アジアレビュー。 昨年、JCERは2029年になると述べました。

中国共産党による技術やその他の産業の取り締まり、中国の高炭素エネルギーからの移行、不動産セクターからの債務の急増はすべて、成長を脅かしていると報告書は述べています。 報告書は、北京が不動産セクターを規制するための金融規制を強化するにつれて、投資も縮小すると予想しています。

中国が減速しているだけでなく、米国はさらにスピードを上げています。 この報告書は、バイデン政権の大規模な刺激策に支えられた、米国経済の急速な回復に取り組んでいます。

研究は、世界的な経済的支配をめぐる米国と中国の間の競争の最終結果は、当然の結論にはほど遠いことを示しています。 今日、すべての国の政府によって採用されている経済政策は、今後数十年にわたって、その関係力に広範囲にわたる影響を与えるでしょう。

READ  今日の日本の株:日本の収益がウイルスの恐れを相殺したため、日経株は高値で取引を終えた