Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

そろばんアプリは、暗算スキルをグローバルに学習するために日本で開発されました

東京 – 日本で開発された算数算術のそろばん法を学べるアプリが世界的に人気を博しており、国内外で8000人以上の学生が暗算力を鍛えるために利用している。





タブレットの前で指をフリックしながら暗算する小松修平さん=東京都千代田区で2022年6月12日、錦織祐一撮影

ユーザーは、そろばんを使うように、そろタッチ アプリで仮想ビーズをタッチして計算を行います。 ゲーム感覚のアプリで、楽しみながら暗算力を伸ばすことができます。

6月に開催されたオンラインイベント「そろフェス」では、8歳の小松修平さんが「わあ!1位です。はい!」と歓声を上げました。 東京から参加した小松さんは、7カ国から集まった約630人の子どもたちが暗算で競い合う1人だった。 ファシリテーターの 1 人は、Zoom アプリを通じて参加者を日本語と英語で応援しています。

アプリの「フラッシュ暗算」モードでは、タブレットの画面に 1 つずつ表示される 5 つの 3 桁の数字の合計を 8 歳児がわずか 5 秒で計算できます。 「買い物に行くときは(合計金額を)数えさせています」と母親のアキナさん(38)は話す。





そろタッチアプリを開発したデジカ創業者の山内千佳さん=東京都千代田区の本社で2022年6月15日、錦織祐一撮影

そろタッチは2014年に開発されました。そろばんカウンターに使われているようなビーズがタブレットの画面に現れ、触れると色が変わり、従来の算数ツールのように計算を行うことができます。 ただし、日本のそろばんカウンターとは異なり、このアプリでは両手が使用されます。 アプリの機能には、ビーズが色を変えずに触れると一瞬点滅する暗算モードが含まれます。 これにより、ユーザーは暗算スキルを自然に習得できます。

この技術を開発したのは、株式会社デジカの創業者で社長の山内チカさん(56)。 東京都千代田区を拠点としています。 シティバンクで金融商品開発を担当していたとき、世界中の同僚が頼りにしているそろばん暗算が得意な日本人トレーダーに出会った。 山内さんは「このスキルは仕事に欠かせない」と考えている。

山内さんは、子育てなどの理由で銀行を退職した後、母方の地域の友人たちと自宅でそろばん学校を開いた。 2012年、トルコで開催された世界暗算選手権大会に暗算2位の次女ダンと共に出場。 このペアは他の競争相手に敵わなかったので、山内は世界中のそろばんの方法を学びました。 外では両手を使うことに驚きましたが、「日本では先生がそろばんの使い方を教えますが、他の国では日常生活で暗算を使うことが目的であることに気付きました。そろばんを一から習う。」

山内さんは試行錯誤の末、そろタッチアプリを開発し、2016年にリリース。

デジカ現社長の橋本康信氏(39)は楽天グループでオフショア事業開発を担当していた。 その後、デジカに入社し、そろタッチ事業の立ち上げに携わる。 現在、そろタッチ学習センターは10の国と地域に広がり、8000人以上の生徒がオンラインで接続しながらスキルを学んでいます。

【錦織祐一】 マイニュース

READ  大臣:IMFがロードマップを提示するまで、日本はスリランカでの12のJICAプロジェクトを停止します