Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なぜインド人やネパール人男性がウクライナの前線に立つことになるのでしょうか? – ポッドキャスト | ニュース

ヘムル マンガキヤは、インドのグジャラート州の都市スーラトで育ちました。 23 歳の彼は、世界に自分の足跡を残す機会と方法を探していました。 そこで、ロシアのサンクトペテルブルクの人材紹介会社が投稿した YouTube 動画を見つけたとき、彼は魅了されました。 ビデオに登場した男性は、この歴史的な都市には警備員の求人があると述べた。 給料は月2000ポンドまででした。 チャンスを逃すにはあまりにも良かった。

のように ハンナ・エリス・ピーターセン ガーディアン紙の南アジア特派員は言う マイケル・サフィこれはここ数カ月間、何百回、おそらくは何千回も繰り返された光景だ。 主にインドとネパール出身の若者たちは、高収入の仕事を求めてロシアへ旅行し、その後、異なる種類の契約に署名するよう圧力をかけられる。それは彼らをロシア軍に採用し、戦争の最前線に押し込むというものである。ウクライナ。 今、多くの人が亡くなっている場所。 ヘムル・マンガキアさんの遺体は先週インドに返還された。

ムハンマド・アスファン

写真:会報

ガーディアンをサポートする

ガーディアン紙は編集上独立しています。 私たちはジャーナリズムを常にオープンで、誰もが利用できるようにしたいと考えています。 しかし、私たちの活動に資金を提供してくれる読者の必要性がますます高まっています。

ガーディアンをサポートする

READ  ハリケーン イアンの最新情報: 熱帯性暴風雨は、サウスカロライナ州に接近するにつれて、カテゴリー 1 のハリケーンとしての力を取り戻します