Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なぜポートフォリオ分散化が重要なのか

なぜポートフォリオ分散化が重要なのか

世界には株、為替、商品先物、仮想通貨など多くの金融商品がある。どれか1つに集中して投資をすることも悪くはないが、リスク管理のためにはポートフォリオを多くの金融商品に分散化することが望ましい。

 

溢れる金融商品

現在の世界には多くの金融商品が存在している。主要な金融商品を挙げると、企業が発行してその企業の将来性に投資をする株式、為替レートの変動で損益になるFX、原油や金など特定の商品に投資をする商品先物、最近登場した仮想通貨、そして企業や国が発行する債券がある。

どれか1つの金融商品に集中して投資をする手法も悪くはないが、できるなら自分のポートフォリオは複数の金融商品に分散化することが望ましい。

複数の金融商品に分散化することで、リスクを分散させることができる。たとえば株式だけ複数の銘柄に投資をしても、株式市場全体が暴落すると全て下がってしまう。だがそのような場合でも為替や仮想通貨も同時に暴落するとは限らないので、分散化することでポートフォリオの全てが暴落するリスクを回避できる。

 

分散化のネックは?

このようにメリットがあるポートフォリオ分散化だが、ネックもある。まずは複数の金融商品に投資をするなら、それらの商品全てについて知識を身につけなくてはならない。これは特に投資初心者にとっては難しい。

初心者にとっては最初に選んだ金融商品の勉強をするだけでもかなり大変に感じるだろう。そこで焦らずに、投資に慣れてきたら少しずつ分散化をしよう。

またいろいろな金融商品に投資するためには、複数の業者に口座を開設しなくてはならない。日本は特に株、FX、仮想通貨などの仲介業の免許が別々のため、それぞれを扱う業者に複数の口座が要る。また業者が違うと同じ資金で複数の金融商品に投資をすることもできない。

 

多くの商品を扱う海外業者を活用

口座のネックを解決する方法として、海外の業者を使う方法がある。たとえばXprestradeのような海外の業者は1つの口座で株、FX、商品先物、仮想通貨など多くの金融商品に投資ができる。

同じ口座で株式、FX、仮想通貨でトレードできるということは、資金の移動の必要もない。今日株式を売却した代金ですぐに仮想通貨を買うといったことも可能になる。またXprestradeは海外業者だけに、株式や株価指数も日本のものだけではなく海外のものも扱っている。

そして知識面でも複数の金融商品を扱う業者に口座を開くメリットがある。証券会社は株だけを扱っているので、提供している学習用のコンテンツも株式についてのみだ。それに対してXprestradeならいろいろな金融商品について学べるコンテンツが提供されている。

ポートフォリオ分散化をより簡単に実行するために、Xprestradeのような業者を利用することも選択肢に入れてみよう。

READ  埼玉、栃木を震源とするマグニチュード5.3の地震。