Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なぜ世界は世界同時不況に向かっていくのでしょうか?

なぜ世界は世界同時不況に向かっていくのでしょうか?

世界は世界的な不況に向かう可能性があります。

昨年の東京証券取引所の最終取引日は12月30日でした。 日経平均株価は前年末比9.4%安の2万6094円50銭で取引を終えた。 米中貿易摩擦の影響を受けた2018年以来、4年ぶりの前年割れとなる。 平均株価の最高値と最低値の差は4,614円でした。

2022年を通じて、日本経済はロシアのウクライナ侵攻や米国と欧州の中央銀行による金融引き締めなど海外に起因する要因の影響を受けた。

今年の株価に大きな影響を与えると考えられる要因の一つは、世界的な景気後退への懸念だ。 米国と欧州は中央銀行による急速な金融引き締めのため、成長率は1%未満と予想している。

世界的な不況
2023年の世界経済のリスク要因 (©産経)

一方、中国の予想経済成長率は約4%だが、新型コロナ感染者数も増加している。 中国政府が再びロックダウンなどの厳しい制限を課せば、世界経済を下押しするリスクがある。

岡三証券のエコノミスト、松本健氏は、インフレ率の上昇が続く中、米国の金融引き締め政策はしばらく続くだろうとみている。 「米国が利下げを開始するのは2024年以降になるだろう。それまでは米国の金融政策は世界経済に悪影響を与えるだろう。」

2022年4月16日、中国・上海で、新型コロナウイルス感染症パンデミックによる封鎖中の街頭を監視する防護服を着た労働者たち。(© Reuters by Aly Song)

世界的な不況の暗い見通し

米国の金利は12月に0.5%引き上げられ、これまでの4回連続利上げの0.75%上昇ペースから鈍化した。 しかし、金利の上昇は世界の通貨供給量の減少と世界経済の減速につながります。

さらに、ヨーロッパではエネルギー価格が大幅に上昇し続けており、すでに深刻なインフレに陥っている。 ロシアのウクライナ侵攻は止まる気配がなく、世界に暗い影を落としている。

広告


福島の安全と高山処理水の放流

経済協力開発機構 (OECD) は、世界の成長率が高まると予想しています。 2023 年の米国とユーロ圏の経済成長率はわずか 0.5% にとどまる。 英国とドイツではマイナス成長が予想される。

外交
2022年11月25日金曜日、ウクライナ大統領報道室が提供したこの写真では、首都キエフ郊外のヴィシュゴロドの町を訪問中に、被害を受けた建物を視察するウクライナ大統領ウォロディミル・ゼレンスキー氏が写っている。 (© ウクライナ大統領報道局、AP経由、ファイル)

しかし、経済協力開発機構は中国経済が4.6%成長すると予想している。 大和総研(DIR)の斉藤直人主任研究員は、その期待の理由をこう語る。 「今月、中国政府は新型コロナウイルス感染症撲滅政策から経済最優先政策に転換した。」

しかし、コロナウイルス感染者の急増は中国にとって下振れリスクを増大させている。 不動産バブルが崩壊する兆候も増えている。

一方、日本経済は1.8%の成長が見込まれている。 これは控えめな数字ですが、主要国の中で最も高い成長率です。 しかし、海外経済の減速が日本の生産や輸出に影響を与えることは避けられない。

日本の後藤茂幸経済再生担当大臣は引き続き警戒している。 「海外経済の減速も日​​本経済の足を引っ張る可能性がある」

関連している:

(このリンクで日本語の記事をお読みください)。

著者:根本和也

広告


福島の安全と高山処理水の放流
READ  日本の中学生の 60% 以上が現金以外の支払いを使用している: 研究