Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なぜ日本は不況に陥り、世界第3位の経済大国の座を失いつつあるのでしょうか?

なぜ日本は不況に陥り、世界第3位の経済大国の座を失いつつあるのでしょうか?

2023 年 11 月 15 日に撮影されたこの写真には、東京の交差点を通り過ぎる人々が写っています。 (新華社/張暁宇)

アナリストらは、内需の低迷により日本は第4・四半期にマイナス成長を脱することができず、日本の内需低迷の主な原因は物価上昇に比べて賃金上昇が遅れ、家計の購買力を抑制したインフレが続いているためだと指摘した。

東京、2月16日(新華社通信) – 日本経済は10~12月期に2四半期連続で縮小し、経済停滞の兆しが見られ、ファンダメンタルズが不安定な中、世界経済ランキングでも4位に後退した。 。

内閣府が木曜日に発表した速報値によると、日本の実質GDP、つまりインフレ調整後の日本で生産された財とサービスの総額は、第4四半期(第4四半期)に前期比0.1%減少した。 第 3 四半期に 0.8% の減少を記録した後、2023 年には。

この結果、実質GDPは年率0.4%減となり、第3四半期の3.3%減に続き2四半期連続のマイナス成長となった。

一方、日本はドルベースでドイツに世界第3位の経済大国の地位を奪われ、インフレ調整前の2023年の名目GDPは4兆2100億ドルで、ドイツの経済規模(総額4兆4600億ドル)よりも小さい。 。 ドル。

日本銀行の首席エコノミスト、永浜利宏氏は、2023年に日本のGDPがドイツに追い抜かれる主な要因の一つは、日本の国内自給率の大幅な低下であり、日本とドイツの大きな違いは何であると述べた。日本の国内自給率は著しく低い。対内直接投資が顕著である。 第一生命経済研究所

2023年12月29日、東京の銀座で花を買う人々。(新華社/張暁宇)

見通しはバラ色ではない

地元アナリストらは、木曜日の統計は地元経済学者の年次拡大予想よりも驚くほど悪いものであり、2四半期連続の縮小は経済の技術的な景気後退を示していると指摘した。

「これは正式な景気後退ではないが、海外投資家はこれを2四半期連続のマイナス成長を伴う技術的な景気後退と解釈するかもしれない」と長浜氏は述べた。

同エコノミストは、7─9月期の景気後退に続き、外需を除く全体の状況が悪化し、不利な状況を示していると指摘した。

「さらに、実質GDPとの相関性が高い経済産業省の鉱工業生産指数の試算・見通しを拡大すると、1~3月期の生産は大幅に減少するのではないか」。 長浜さんは語った。

同エコノミストは、能登半島地震や一部自動車メーカーの生産停止などの特殊要因を挙げ、生産動向から判断すると日本経済は3四半期連続の縮小となる可能性があると述べた。

2023 年 11 月 14 日に撮影されたこの写真は、日本の横浜にある自動車貿易流通センターを示しています。 (新華社/張暁宇)

内需の減少

日本のGDPの半分以上を占める個人消費は10月から12月にかけて0.2%減、設備投資は0.1%減と、いずれも3四半期連続のマイナス成長となった。

成長がGDPに悪影響を与える輸入は1.7%増加し、輸出は2.6%増加した。

木曜日のデータは、2023年通年で日本のGDPが実質1.9%拡大し、名目成長率が5.7%となったことも示した。

日本経済の成長への寄与については、昨年第4四半期の成長率に対して外需が0.2%ポイントのプラス寄与となった一方、消費の低迷などにより内需が0.3%ポイントのマイナス寄与となった。

アナリストらは、国内需要の低迷により日本は今四半期のマイナス成長から脱却できず、日本の内需低迷の主な原因は物価上昇に比べて賃金上昇が遅れ、家計の購買力を抑制した持続的なインフレによるものだと指摘した。

厚生労働省のデータによると、2023年の日本の実質賃金は前年比2.5%減となり、2年連続の減少となった。

一方、総務省の調査によると、2023年の日本の月平均実質家計消費支出は前年比2.6%減少した。

日本を第4位の経済大国の地位に押し上げた円安も、持続的なインフレを引き起こしている。

総務省のデータによると、昨年12月時点で日本のコアCPIは21カ月連続で日銀の目標2%を上回った。 しかし、日本政府も中央銀行も、日本のデフレ脱却を確認することに依然として躊躇している。

政府は、物価と賃金の上昇の好循環を早期に実現し、デフレから脱却するため、企業の賃上げを促す減税などの各種政策を推進しています。 名目賃金の上昇、特に昨年以降の国内最大手企業の上昇は物価上昇に追いついていず、不十分な内需が引き続き日本の経済成長の重しとなっている。

日本の長期にわたる超緩和政策による顕著な市場の歪みと副作用の中で、実質賃金の継続的な低下も日銀にとってジレンマとなっている。 中銀がマイナス金利政策を放棄するのではないかと国内外で期待が高まっている。

一部の専門家は、今年米連邦準備制度理事会が利下げする可能性があるため、日銀が反転行動をとって引き締めに向かう機会は限られており、米利下げ前に行動が取られる可能性があると指摘している。

現在、メディアや専門家の間では、日銀がそれほど遠い将来にマイナス金利の解除を発表することはないとの見方が広く、今年3月か4月の金融政策決定会合で早期に発表される可能性がある。

2023 年 5 月 24 日に撮影されたこの写真は、東京の東京証券取引所を示しています。 (新華社/張暁宇)

過熱する株式市場

理想的とは言えない経済指標を踏まえ、当地の市場ウォッチャーの多くは東京株式市場の過熱を懸念している。

JPモルガン証券のストラテジスト、高田雅成氏は、買い注文の流れが経済のファンダメンタルズを超えているのは明らかで、それがここ東京の気温上昇を引き起こしていると述べた。

日本の経済新聞の記事によると、日本の株式市場は上昇を続ける一方、実体経済は減速する兆しがあり、その結果、明らかな「矛盾」が生じているという。

地元メディアや専門家らは、昨年以降、日本経済には物価上昇や賃金改善などの好材料が見られるものの、まだ好循環は形成されていないとの見方が多い。 これらの要因は、最近の株式市場の上昇を支える主な理由にはなっていません。

東京市場の上昇は主に円安を背景とした外資による投機活動によるもので、出来高の約7割を外国人投資家が占め、主に少数の大型株が上昇を牽引した。 外国資本が流出すると市場は極端に変動しやすくなる。

世界の主要中央銀行が利上げを続ける中、日銀がマイナス金利政策にコミットしていることが円安の主な原因となっている。 今年の日本株市場の上昇が続いているのは、米国が利下げを開始し、日銀が引き締めに転じるという市場の期待が先送りされたことも一因だ。

長浜氏は、東京株式市場の上昇が続いているのは円価値の下落のせいだと考えた。 日銀が3月以降にマイナス金利政策の解除を決定すれば、現在の株式市場を押し上げ、春の調整局面につながる要因が消滅する可能性がある。 また、世界の金融金融環境や日本経済にも大きな影響を与えることになります。

また、多くの現地専門家は、金利上昇の継続により米国の金融・不動産セクターが脆弱化しており、2024年の米国経済は複数の不確実性を抱えており、様々なリスクが過熱する東京株式市場に大きな影響を与えると指摘している。

READ  日本は今こそ東南アジア諸国連合(ASEAN)を平等に扱わなければならない