Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なでしこジャパンと北朝鮮、五輪最終予選第1戦引き分け

なでしこジャパンと北朝鮮、五輪最終予選第1戦引き分け

土曜日にサウジアラビアで行われたパリオリンピック女子サッカー競技大会の開幕戦で、日本と北朝鮮はスコアレスドローに終わり、最終予選で引き分けとなった。

アジア最強の女子チーム同士の試合は、試合の3日前に会場が変更され、無観客となったジッダのプリンス・アブドラ・アル・ファイサル・スタジアムで行われた。

この試合は当初、平壌の金日成競技場で予定されていたが、試合の進行に関する北朝鮮の透明性の欠如など多くの問題について日本がアジアサッカー連盟に懸念を表明したことを受け、中立会場に変更された。

池田太監督のチームがボールを支配していたが、ボールを持つたびに素早く前に出ようとする、速くてフィジカルに優れた北朝鮮のチームに対して、常に警戒しなければならなかった。

なでしこジャパンは試合の大部分をファイナルサードで過ごしたにもかかわらず、前半終盤に田中美南が北朝鮮のキーパー、パク・ジュミからセーブを強いたのはわずか1セーブだけだった。

もう一方の試合では、北朝鮮が9対4で相手を上回ったため、日本のストッパーである山下彩夏選手は3度のゴールシュートに対処しなければならなかった。

北朝鮮は73分、キム・ギョンヨンのヘディングシュートがクロスバーに当たって勝利のチャンスを逸した。

日本代表主将の熊谷紗季選手は「もちろん勝つことを目標にしていたが、0-0で引き分けた後は勝利だけを念頭に置いてホーム戦に向けて良い準備をしたい」と語った。

両チームは水曜日に東京の国立競技場で再び対戦する。 2試合の引き分けの勝者は、今夏パリで開催される12チームによる女子サッカートーナメントのアジア枠2枠のうちの1枠を獲得することになる。

READ  日本の久保レアル・ソシエダが契約を2029年まで延長