Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

まったく新しいアウトランダーPHEVは、日本カーオブザイヤーアワードで2021年から2022年のテクノロジーカーオブザイヤーを受賞しました。

三菱自動車は本日、まったく新しいアウトランダークロスオーバーSUV(PHEV)モデルが、革新的な環境技術を搭載した車両で2021年から2022年にかけて日本で年間最優秀テクノロジー賞を受賞したことを発表しました。 -愛情と安全

三菱自動車工業は本日、まったく新しいアウトランダークロスオーバーハイブリッド電気自動車(PHEV)モデルが日本で2021年から2022年のテクノロジーオブザイヤーを受賞したことを発表しました。1 この車両は、環境への配慮と安全性のための革新的な技術を授与されています。

新型アウトランダーPHEVを選定するにあたり、審査員は、フロントエンジンとリアエンジンの出力を向上させ、バッテリーと燃料タンクの容量を増やすことで全体的な走行距離を拡大した、改良されたPHEVシステムを高く評価しました。 アウトランダーPHEVは、SUVからの予期せぬ俊敏なハンドリングを可能にする高度なデュアルホイールドライブスーパーオールホイールコントロール(S-AWC)車両ダイナミクスシステムでも認められました。


アウトランダーPHEVPHEVシステム2

新型アウトランダーPHEVは、三菱自動車のフラッグシップモデルであり、同社の電気および全輪制御技術の専門知識を組み合わせながら、新たに開発されたプラットフォームと多数の高度な技術を組み込んでいます。 「I-Fu-Do-Do」という本物の雄大な日本語の製品コンセプトに基づいて、まったく新しいモデルは、ボディやシャーシからパワートレインに至るまで、あらゆる場所で大幅なアップグレードが装備されています。 2013年に発売された前世代のアウトランダーPHEVは、日本、ヨーロッパ、オセアニア、北米、ASEANなどの世界市場で発売され、合計29万台以上のプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)カテゴリーを開拓しました。3 これまでに販売されました。

日本のカーオブザイヤー2021-2022について

日本での第42回カーオブザイヤー賞は、2020年11月1日から2021年10月31日までに日本市場で提供または販売が開始されたモデルに授与されます。 11月24日のトップ10のテストドライブでは、審査員が各賞に投票しました。 結果は12月10日に発表され、受賞者は2021年から2022年のカー・オブ・ザ・イヤー、インポート・カー・オブ・ザ・イヤー、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー、パフォーマンス・カー、Kカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。 。 年。

三菱自動車が2019年にスモールモビリティアワードを受賞したeKX(eK「クロス」と呼ばれる)とeKワゴンに続いて、日本で名誉あるカーオブザイヤーを受賞したのは今年で3年連続です。4、eKXスペースとeKは20205Kカーオブザイヤーに選ばれました。

1.日本カー・オブ・ザ・イヤー運営委員会が開催
2.表示されている画像は、説明のみを目的としています。
3. 2021年11月現在
4.日産デイズにも授与
5.総合的に優秀な軽自動車に授与。 日産ロックスにも授与されました。

ソース: ミツビシモーターズ

READ  霧の黒板:北海道では視力の弱い子供が増えています