Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

まとめ:「BBQ乱闘」の第8週に向けて、寿司ナイフを磨きます| リストから

後でチームサイモンに戻ったとき、マレキアンは寿司屋で働いているだけでなく、日本で寿司について学んだと言っていました。 日本の包丁メーカーが彼のために特別に作った寿司ナイフを展示しています。

「あなたは何を知っていますか、アラは寿司ナイフを持っています」とサンダスキーは言います。 「もちろん、アラは世界で最も興味深い男だからです。」

一方、サンダスキーは、本物の日本の焼き鳥体験のようなものを模倣する方法を考案しました。炭火ストーブの上で炭火の上で鶏肉を直接焼きます。

ラーメンに関しては、サイモンはサンダスキーの過去の時間管理の問題について次のように述べています。

確かに、サンダスキーが圧力鍋を開いてスープを味わうと、それは当たり障りのないものになり、リングは彼に「より脆弱な」雰囲気を与えます。

商業休憩の後、サイモンは醤油、レモンジュース、さらに味噌と鰹節のフレークを追加して、スープを節約しようとします。 それは十分ですか? 判断する時が来たので良かったです。

たった1つのスタンドに固執するフライのギャンブルは報われたようです。 審査員は、ジャマイカのスナッパーのグリル、豆、キューバのモロス・イ・クリスティアーノス、ネギとプラムを添えた豚肉など、彼の料理とルビー料理について一般的に明るいです。

READ  スクウェア・エニックス、カプコン、コナミ、その他多数