Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

みずほ、第3・四半期利益は好調な融資事業で8.2%増益と報告 執筆: Reuters

みずほ、第3・四半期利益は好調な融資事業で8.2%増益と報告 執筆: Reuters

©ロイター。 ファイル写真: 2017 年 1 月 25 日、東京のみずほ銀行の看板に映る歩行者。2017 年 1 月 25 日に撮影。ロイター/キム ギョンフン/ファイル写真

[東京(ロイター)] – 資産規模で日本第3位の銀行であるみずほフィナンシャルグループは金曜日、企業からの強い融資需要と国内の貸倒引当金の脆弱さにより、四半期純利益が8.2%増加したと報告した。

みずほは地元の大手競合企業に加わった 三井住友フィナンシャルグループ (NYSE:) は、日本企業が成長機会への投資を開始したことにより、好調な融資事業に支えられ、好調な第 3 四半期利益を報告しました。

米連邦準備理事会(FRB)による利下げ期待の高まりも、みずほの債券トレーディング利益の押し上げに寄与した。

同銀行は10月から12月期に2,265億7,000万円(15億4,000万ドル)の利益を達成した(前年同期は2,093億1,000万円)。

これにより9カ月累計では6420億円となり、3月までの通期利益予想6400億円を上回った。 しかし、みずほは事業環境の不確実性を理由に通期予想を据え置いた。

日本最大の銀行である三菱UFJフィナンシャル・グループ(NYSE:)は月曜日に四半期決算を発表する。

中堅金融業者のおおぞら銀行が巨額の貸倒引当金により15年ぶりの年間純損失を報告したことを受けて、日本の銀行の米国商業用不動産市場へのエクスポージャーが精査されるようになったが、アナリストらは大空銀行の問題はほとんどが特殊なものであると述べている。

みずほは、米国の商業用不動産に関連した貸倒引当金が追加で計上される可能性は非常に低いと述べた。

(1ドル=146.7100円)

READ  機械受注の低迷により、日本の工場生産は4月に予想外に減少した