日銀黒田のその他の作品:

  • 日本は商品輸入国であるため、商品価格の上昇は実質家計所得と企業収益の低下を通じて経済を低下させます。
  • 金融政策は、緩和的な財政状態を提供し、完全な景気回復を支援することを目的とすべきである
  • 日本経済は2008年と同様にコモディティ価格の上昇に対して回復力があるように思われる
  • Covidウイルスが後退する間、まだ十分な需要の余地があります。
  • 日本 経済インフレ
  • 現在のようなコストプッシュショックがあっても、日本銀行は他の中央銀行とは異なり、経済の安定と物価の安定を優先することの間のトレードオフに直面していませんでした。
  • 日本銀行は景気回復を強力に支援します
  • 日本銀行は、Covidを含むいくつかのリスクを選別し、イールドカーブをコントロールしながら金融政策を適切に実施し続けます。
  • 消費者物価指数が2%に達し、安定してそれを上回っているまで、私たちは引き続き緩和し、オーバーシュートに取り組み続けます。
  • フルーツ
  • 日本の中長期的なインフレ見通しは上昇の兆しを見せていない
  • 現時点では、日本では物価と賃金のスパイラルが発生する可能性は低いと思います。

USDJPYは新しいセッションの高値に移動し、129.00を少し上回って取引されています。 価格は過去2日間に見られた上限を超えました。

米ドル/日本円
過去2日間で日本円に対する米ドルが上限を超えて上昇した