Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

わずか20年間で、マイクロソフトは日本でわずか230万台のXboxデバイスを販売しました。

わずか20年間で、マイクロソフトは日本でわずか230万台のXboxデバイスを販売しました。

東京の小売店からXbox360を受け取っている顧客の画像。

東京での顧客購入とKinectパッケージがXbox3602010に導入されました。
写真日向敏文/ AFP ((ゲッティイメージズ)。

20年前、最初のXboxが日本で発売されました。 米国では、マイクロソフトのゲーム機は常に大きな成功を収めてきましたが、日本ではそうではありません。 現在までに、国内のすべての世代で販売されたXboxコンソールはわずか230万台です。

Microsoftは、さまざまな理由で日本でXboxを販売するのに苦労しています。 これらの最大のものは、ソニーの優位性とホームフィールドアドバンテージです。 しかし、これは努力の欠如によるものではありませんでした。たとえば、Xbox 360の時代には、マイクロソフトは定期的にXbox広告をテレビで放映し、人気のある日本の有名人を組み込んでユニットの販売を支援しました。 ただし、何も機能していないようです。 国はXboxにアレルギーがあるようでした。

ウィークリーファミ通 日本でのXboxの過去20年間を振り返る素晴らしい記念エッセイを作成しました。 これには、各Xbox本体の現地での生涯販売など、多くの興味深いデータポイントが含まれています。 (したがって VGC 注、最大のセールスポイントはXbox 360です。)

Xbox:472,992台
Xbox 360:1,616,1289ユニット
Xbox One:114,831台
XboxシリーズX / S:142,024台

20年間で4つの異なるサイトで合計230万ユニット。 比較すると、オリジナルのXboxは全世界で2400万以上を売り上げ、Xbox360は8400万以上を売り上げました。 国内では、ソニーは1,900万台のPlayStation1と2,400万台のPlayStation2を販売し、Xboxの日本の販売数をさらに背景にしています。

これにより、初期のMicrosoftコンソールがどのように正当化されたかがわかります。 スポーツ販売についても同様です。

Xboxの最初の3世代で日本で販売された最初の5つのゲームは、プレイヤーの好みが何年にもわたってどのように変化したかを示しています。 日本のXboxに関しては、最大の売り手 デッドオアアライブ3 (217,149部)、 デッドオアアライブエクストリームビーチバレーボール (127,576部)、 ハロー (76,963部)、 死んでいるか生きているかにかかわらず究極 (62,890部)、および 忍者ケイトン (56,544部)。

日本でXbox360のベストセラーゲームトップ5 スターオーシャン4 (208,521部)、 ヴェスペリアの物語 (204,305部)、 ブルードラゴン (203,740部)、 最後の残党 (154,493部)、および Kinectアドベンチャー! (154,217部)。 XboxOneの最大の売り手 タイタンフォール 43,717部、 Kinectスポーツライバル (25,090部)、 ホロウ:マスターチーフコレクション (18,876部)、 死亡しました ライジング3(13,987部)、および Forza Motorsport5 (13,140部)。

売上が伸び悩む中、マイクロソフトは日本のゲームイベントを避け始めましたが、近年、同社はこれまで以上に国内で前向きに聞こえてきました。

「日本は世界で最も急速に成長している地域です」 言った 2020年東京ゲームショウの事前に録音されたメッセージでXboxの幹部フィルスペンサー。 「私たちは過去から学びます。」 過去は失望に満ちているので、学ぶべきことは間違いなくたくさんあります。

READ  日本銀行のメンバーは、供給削減の永続的な影響について警告します:分