Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アイルランドの首相が公式訪問中に貿易関係の拡大について話し合う-TheIrishTimes

ミホル・マーティン首相は、前任者の安倍晋三氏が暗殺された後、水曜日に岸田文雄首相と会談する際に、日本に哀悼の意を表します。

火曜日に始まる2日間の訪問の間に、マーティン氏は貿易と投資の結びつきの拡大と、国の海外で最大の資本投資であるアイルランドハウスの基礎を引き継ぐことについて話し合います。

東京中心部での2300万ユーロの建設プロジェクトは、世界第3位の経済大国におけるアイルランドの「ショーケース」になると、アイルランド大使のポール・カバナ氏は語った。 新しい大使館とIDA、エンタープライズアイルランド、ボードBIAのオフィスを収容するこの建物は、2024年に完成する予定です。

両首脳は、日本とEU政府との間の最も包括的なオムニバス協定の1つである共同声明に署名する。

「この報告書は、関係を新しいレベルに引き上げることを目的としています」と大使は語った。

アイルランドは2020年に日本との商品とサービスの貿易黒字が100億ユーロで、アジアで最大でした。 二国間貿易は年間160億ユーロの価値があります。 Covid-19のパンデミック緩和の影響により、ビジネスリーダーは、関税を大幅に引き下げた2019年の日EU経済連携協定に続く成長について楽観的です。

日本のアイルランド企業は2,000人以上を雇用しています。 アイルランドでは、アジア最大の製薬会社である武田薬品を含む38社の日本企業に約7,000人が雇用されています。 雇用の面では、日本はアイルランドのアジア太平洋地域からの直接投資の最も重要な源です。

ビジネスリーダー

マーティン氏は、東京で開催されるレセプションで、住友と三菱のボスを含むビジネスリーダーと会う予定です。このレセプションでは、トヨタ五蔵が率いる日本の若いチェロ奏者による詩と演奏が行われます。 全アイルランドフリートシーオイル。

当局者は、アイルランドの家の建設は日本での共和国の存在感を高め、最終的にはそれ自体の代償を払うだろうと言います。 外務省は、東京の代理店とスタッフの家賃に年間100万ユーロを費やしています。 2016年、大使がアパートを借りるために月額46,000ユーロの値札を持っていたことが明らかになったとき、この費用は論争を巻き起こしました。

日本は、アイルランドの約80の大使館にとって最も高価な目的地の1つです。 アイルランドハウスフォーマットは、アイルランドの世界的なフットプリントを2倍にし、2025年までに26の大使館と外交使節団を追加し、文化施設と州のさまざまな機関を1つの屋根の下に収容するという部門の計画の海外テンプレートになります。

マーティン氏と岸田氏の共同声明は、ロシアによるウクライナの軍事占領を非難し、ロシア軍による残虐行為の責任者が責任を問われ、裁判にかけられることを要求する。

マーティン氏は、7月9日の選挙運動中に一人の銃撃者に殺された長年の首相の死を悼む日本にやってくる。 2013年、安倍首相はダブリンを訪問した最初の日本の指導者となり、ファーマナ首相でのG8サミットに出席した後、タオイサチ・エンダ・ケニーに会いました。

首相は木曜日の朝、東京を出てシンガポールに向かい、リー・シェンロン首相と会談する予定です。

READ  アメリカのLNGプラントでの火災により、日本は代替ガスを探すことを余儀なくされています