Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アサヒジャパンはビールの売り上げが回復すると見ているが、控えめに警告する

朝日が発表した時 今年前半の 2022 年度上半期の結果同社はまた、日本での缶ビール部門により力を入れる計画を強調した.

これは、最近発表された 2022 年度第 3 四半期の財務結果に反映されており、ビールは 2022 年 7 月から 9 月までの 3 か月間の国内の収益と利益の成長を牽引するトップ カテゴリーとして浮上しています。

「日本のビールおよびビール系飲料の売上高は前年同期比 19.2% 増の 4,427 億円 (US$3.13bn) で、酒類カテゴリーの総利益は 34.9% 増の 620 億円 (US$439.2mn) でした。 [riding on] オンプレミスの回復と缶ビールの販売増加」アサヒ代表取締役社長の勝木淳は決算発表でこう語った。

「この成長は、原材料やアルミ缶の市況による変動費の増加、スーパードライとアサヒ生ビールの広告宣伝費や販売促進費の増加にもかかわらずでした。

「その結果、2022 年度の酒類セグメント全体の成長率は、前年比 10.2% 増の 780 億円になると予測しています。」

しかし、同社はRTD低アルコール飲料やコーヒーなどのノンアルコール製品など、さまざまなセグメントで売上と利益が同時に低迷しており、2022年のこれらの業績予測は低迷しています.

RTD 低アルコール飲料の売上高は、同四半期で前年同期比 0.9% 減の 265 億円 (2 億 5860 万米ドル) となり、特にコーヒーの販売量は前年同期比 6.7% 減となった。 2,410万件カツキが言った。

READ  説明:日本の4日間の週労働プログラムとは何ですか?