Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジアのヘッジファンドは中国から離れ、日本で収益を上げることが困難になっている

アジアのヘッジファンドは中国から離れ、日本で収益を上げることが困難になっている

香港、11月30日(ロイター) – アジアのヘッジファンドマネジャーの多くは、2023年に低迷する中国市場から日本株の上昇に転じようとしているが、現地での知名度の欠如と開くべき戦略の欠如が妨げとなり、収益を上げる困難に直面している。 . 世界で3番目の投資市場。 最大の経済。

ファンドマネジャーらは中国へのエクスポージャーを減らし日本に目を向け、東京証券取引所(.N225)は今年28%の上昇を見せて驚いた。 データ調査会社プレキンによると、2023年に設立された日本に特化したファンドが17年ぶりに中国ファンドを上回り、日本を対象としたファンドが18本、中国を対象としたファンドが13本となった。

ゴールドマン・サックスのデータによると、今年は日本の株式市場に世界最大のヘッジファンドが流入しており、これが日経平均株価が33年ぶりの高値に達した理由の一つとなっている。

しかし、15年間にわたって中国市場で取引を続けてきた後、日本の先進的ではあるが非効率な資本市場への切り替えは困難であることが判明した。中国市場では、高成長により、マイナスのエクスポージャーでも大きな利益が得られることを意味していた。

ファンドマネージャーらによると、日本はトレーダーに対し、資金豊富な多国籍企業やあまり知られていない中小企業、企業改革や株主の積極的な活動についての深い理解を求めているという。 彼らは、選択的であり、誤った価格設定の機会を見つけ、活動目標を設定する必要があると述べています。

ロジャース・インベストメント・アドバイザーズ株式会社の経営・戦略調査責任者レナード・オマンツ氏は、「ベータ(長期偏向の中国ファンド)を探すという同じ哲学を日本にも適用しようとすると、大きな痛手を受けることになるだろう」と語った。 東京。

EurekaHedgeのデータによると、日本に焦点を当てた長期株式ファンドの最初の10カ月間の平均リターンはわずか5%であったのに対し、より広範なアジア全域の長期株式ファンドの平均リターンは3%減少した。

これと比較すると、合併・買収や物言う投資家キャンペーンなどの特殊なケースを引き受ける日本のイベント重視のヘッジファンドは最初の10カ月で10%上昇した。

例えば、ロイターが確認した投資家書簡によると、シンガポールに本拠を置く29億ドルの豊和グループは、今年9月末までに主力ファンドの日本へのエクスポージャーを28%に増やし、中国へのエクスポージャーを8%に減らした。

鳳河アジア基金は最初の9カ月間でわずか1.4%上昇しており、主に新東方教育技術集団、アリババ・グループ・ホールディング・リミテッド、ラッキン・コーヒーなどの中国企業のロングポジションからの上昇となっている。 対照的に、トヨタ自動車<7203.T>のショートポジションが業績の足かせとなった。

FengHeの広報担当者は、ファンドが見直し後に調整を行った結果、年初来の利益が11月末までに5.5%に押し上げられたと述べ、ファンドのポジションは同社のマクロ経済的見解を反映していないと付け加えた。

ファンドの業績に詳しい投資家によると、別の汎アジア系ヘッジファンド、カイゼン・キャピタル・パートナーズは、最大のエクスポージャーが日本にあるが、10月末までに2桁台前半の損失を計上したという。 カイゼンはコメントの要請に応じなかった。

ヘッジファンド顧問会社サセックス・パートナーズのマネジング・パートナー、パトリック・ガーリー氏は、今年の日本市場の上昇は限定的で、「非常に特定の企業やセクターと取引したことのない運用担当者はその上昇余地を捉えていない」と述べた。

ヘッジファンドのアドバイザーらは、日本の金利政策を巡る不確実性や、世界的なファンドが長らく無視されてきた市場に注力する中での現地アナリストの不足など、他の課題を指摘している。

市場参加者は、日本が不況から脱却し、中国に代わる国としての役割を果たしていることから、日本に対する投資家の関心が高まることを期待している。 彼らはまた、企業改革のペースが速まるにつれ、長期株式ファンドではなく、アクティビストやイベント主導型の運用会社が勝者になると予想している。

ピクテ・アセット・マネジメントでアジアで特殊状況向けヘッジファンドを運営するジョン・ウィザー氏は「(日本では)多くの構造改革が進んでおり、特殊な状況においてはこれまでで最高の環境だ」と述べた。

同ファンドの日本へのエクスポージャーは約70%。 ピクテはファンドのパフォーマンスを開示していません。

サマー・チェン氏が報告する。 編集: Vidya Ranganathan、Sam Holmes、Tom Hogue

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  機関投資家、活動家、法改正が日本のコーポレートガバナンスを変え始める| Skadden、Arps、Slate、Meagher&Flom LLP