Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジアはデルタに挑戦するため、ワクチンパスポートに苦しんでいます

東京発-パンデミックにより完全に枯渇した海外出張を正常化するために、アジア諸国はますますCOVID-19ワクチン接種証明書に依存するようになっています。

ただし、アジアでの予防接種率と公衆衛生能力の違いを考えると、デルタバリアントの急速な普及により、一般的なエントリー基準に到達することがより困難になっています。 これは、国境を開放し、ヨーロッパ式の「ワクチンパスポート」で旅行者を検疫から免除するという課題を浮き彫りにします。

シンガポールは8月10日、完全にワクチン接種された外国人労働者とその家族への入国を許可し始めました。 参加者は、都市国家に到着したときに、予防接種の状況と抗体検査の結果が陽性であることの証拠を提出する必要があります。 ただし、これらの旅行者は、指定された施設で2週間自己検疫する必要があります。

以前は、入国の許可はケースバイケースでのみ付与されていました。 その結果、シンガポールの多くの外国人労働者は再入国できませんでした。

7月末から8月初旬にかけて毎日100件以上の新しいCOVID-19感染を記録していたシンガポールが、人口の増加する割合にワクチンを接種したことで、緩和がもたらされました。 Our World in Dataによると、木曜日の時点で全人口の70%がワクチン接種を受けています。

今月初めのベトナムは、完全にワクチン接種された外国人到着者の検疫期間を前の14日から7日間に短縮しました。 ワクチンまたは緊急使用のために世界保健機関によって承認されたもの。

ソウルの金浦国際空港の飛行機:韓国は最近、ワクチン接種を受けたビジネス旅行者の検疫規則を緩和しました。 ©AP

韓国では、いくつかの条件はあるものの、完全にワクチン接種された外国人ビジネス旅行者は、7月1日から検疫免除証明書を申請することができました。 学者や、近親者を訪問しようとしている人を含む人道的訪問をしている人も、免除を申請する資格があります。

政府は、韓国でワクチンを接種した人だけでなく、中国のSinopharmおよびSinovacワクチンを接種した人も許可しています。 これらのデバイスは、世界保健機関によって緊急使用が許可されていますが、安全性と有効性について世界中で懸念が高まっています。 韓国の一部のオブザーバーは、そのような訪問者を国内に許可することは、国の感染防止対策を妨げる可能性があると主張している。 土曜日の時点で、人口の19%だけが完全にワクチン接種されていました。

シンクタンクであるアサン政策研究所の副研究員であるイ・ドンギュ氏は先月のブリーフィングで、「韓国は、中国のワクチンを受けた個人を検疫から免除した最初の国だ」と述べた。 彼は、韓国のほとんどの外国人が中国国籍を持っていることを指摘し、緩い規則の下で中国からの訪問者の流入を示しています。

「中国のワクチンの有効性、ワクチン接種を受けた個人のための人間工学的ガイドライン、新しいウイルス変異体の蔓延、中国からの訪問者数の増加、そしてその後の中国のさまざまな場所への旅行についての質問を考えると、韓国の流行状況を悪化させる可能性があります。」

ジョセフM.は言います日本の和歌山大学観光研究センターの教授である彼女は、アジアへの旅行を再開するための鍵は、この地域でのワクチン接種を増やし、新たな感染症の成長を遅らせることであると指摘しています。

「アジアの政府は、ヨーロッパや米国と比較して、上昇するデルタウイルスに対処しようとするだけでなく、低いワクチン接種率に取り組むことに忙しいようであり、地域全体で見られるように、数え切れないほどの再開の試みは失敗しました」と彼は言いました。

「アジアでは、地域によって状況が大きく異なるため、地域調整の問題は難しい」と、症例数、ワクチン接種率、患者に対応する病院の点で述べた。

アジアのパッチワークの状況は、ほとんど標準化されたヨーロッパのアプローチとは大きく異なります。 7月1日以降、欧州連合は、27の加盟国、およびスイスやノルウェーなどの国で認識されているコロナウイルスに対するワクチン接種のデジタル証明書を付与しています。

欧州連合は7月1日に予防接種証明書の発行を開始しました。これは、27の加盟国すべて、およびノルウェーやスイスなどの国で承認されています。 ©AP

証明書保有者は、国境を越えるときにQRコードをスキャンして、自己隔離またはテストの免除を取得できます。 多くのEU加盟国は、ワクチン接種を完了していなくても、COVID検査が陰性の証拠を示した場合、「安全なリスト」にある約20か国からの到着を検疫から除外します。

アジアの他の場所では、相互主義の欠如が難しさです。 日本では、7月下旬に政府が日本人と住民にワクチン証明書の発行を開始しました。 しかし、東京は各国に日本からの旅行者の入国制限を免除するよう要請したが、国内での感染の増加を懸念している潜在的な旅行パートナーに対しては同じことを拒否した。

日本は木曜日に18,000を超えるCOVID-19ウイルスの新規症例を確認しました。これはオリンピックをきっかけに過去最高を記録しました。 日本人の37%だけが完全にワクチン接種されています。

証明書を持っている日本からの旅行者は、イタリア、ドイツ、香港を含む16の国と地域で、到着時に自己検疫したり、PCR検査結果を提出したりする必要はありません。 しかし、相互主義の欠如が学位のより大きな国際的受容を妨げると主張する人もいます。 予防接種パスポートを持って帰国する日本人でさえ、日本に到着してから14日間の自己検疫が必要です。

「日本は外国政府に彼らが採用することを選択した公証人制度を認めることを要求しているので、日本が今度は [would] 他の国が認めることを選択した文書化システムを認めなさい」と、特別検察官で在日米国商工会議所の前会長であるクリストファー・ラフルールは述べた。

東京都庁でCOVID-19のショットを受け取った男性:日本は海外旅行用のワクチン証明書を発行していますが、他の場所からはそれらの証明書を認識していません。 ©ロイター

日本最大の国際ビジネスグループは以前、海外旅行を再開するためにワクチン証明書を採用するよう東京に呼びかけていました。 「日本が1つ以上の [globally known] デジタル文書システム…将来、医療の状態が許せば、これは海外旅行の再開を大いに促進するかもしれません。」

ワクチンのパスポートシステムは、国際航空運送協会、プロジェクトコモンズ、フランスのデジタルID会社Idemiaなど、いくつかのグループによって提案されています。

「多くの政府が相互運用可能なソリューションに関心を持っています」と、IdemiaのナショナルアイデンティティマーケットおよびヘルスのディレクターであるPavlinaNavratilovaは述べています。 「この機能は、市民が健康パスポートが認められている他の国に旅行するだけでなく、外国人旅行者の健康許可を確認するためにも重要です。アジアの多くの国では、収入が観光に依存している一方で、地域も取引しているため、これは重要です。デルタ変数を使用して」。

和歌山大学のChire氏は、ワクチン接種率の高い国々での「旅行バブル」の議論が再開される可能性が高く、観光客が人口のほとんどがワクチン接種を受けている地域に滞在するレジャー旅行用のタイのプーケットサンドボックスなど、アジア全体でより一般的になる可能性があると述べた。地元の人。

「 『ウイルスと共に生きる』必要性を聞き始めるかもしれないが、それは非常に政治的に危険であることが判明するかもしれない。それは国境がほとんど閉鎖されたままであることを意味する」と彼は言った。

READ  宇宙の不思議な物体は天の川の新しい腕かもしれません