Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジアニュース: NewJeans Preps Japan;  YG エンターテインメントの持続可能性レポート。 ジャニーズ事務所による虐待。 タイの免税

アジアニュース: NewJeans Preps Japan; YG エンターテインメントの持続可能性レポート。 ジャニーズ事務所による虐待。 タイの免税

NEWJEANS NEW SCENE: K-POP グループ NewJeans が新曲をリリースします
日本語で、来年東京に行きます。 こちらは、11月23日に韓国・ソウルの高尺スカイドームで行われた2023年リーグ・オブ・レジェンド世界チャンピオンシップ決勝戦の開会式でバンドが演奏する様子です。 (写真提供:チョン・ソンジュン/ゲッティイメージズ)

韓国


NewJeansは日本に向けて準備中

K-POPで最もホットな新人ガールズグループ、NewJeansが6月21日に新曲の特別リリースで日本で正式デビューし、続いて6月26日と27日に象徴的な東京で日本で2回目のファンミート&グリートを開催する。ドーム。 、ほとんどの企業が達成するまでに何年も待たなければならないマイルストーンです。 日本はK-POP音楽にとって最大かつ最も重要な海外市場である。

NewJeansの所属事務所ADORによると、このクインテットは数曲を含むニューシングルを5月24日に韓国でリリースする予定で、そのうちの1曲「バブルガム」はすでに日本のテレビ番組のテーマソングに選ばれているという。 6月21日にリリースされる同曲の日本盤には他にも新曲が2曲収録される。

ADOR側は「NewJeansは日韓両国で多くのプロモーション活動を計画している。バニーたちに最高のものを届けられるよう一生懸命準備している」とグループ公式ファンクラブ会員らが呼びかけている。 ただし、バニーズキャンプの公演はNewJeansの日本初公演ではない。 昨年のサマソニ東京フェスティバルでは、超満員のため入場制限が必要となったメインステージでショートセットを演奏した。 ADORは、グループが2025年にワールドツアーに乗り出すと発表した。

YG、持続可能なコンサートレポートを公開

国内最大手の代理店の一つ、BLACKPINKを代表するYGエンターテインメントが2030年の持続可能なコンサートレポートを発表した。

この報告書では、温室効果ガスの排出管理、会場のアクセシビリティの向上、ファンへの排出削減活動の義務付け、コンテンツの効果の強化、会場自体の排出削減など、コンサートイベントをより持続可能にするための枠組みについて説明している。

これらの目標を実現するために、同社は「今年末までに規制の枠組みを策定し、この枠組みを2027年までにコンサートの選定に適用し、2030年までにすべての公演に適用する」としている。

YGは、「コンサートでの温室効果ガス排出量を測定した」韓国のエンターテインメント企業は初めてだとしている。 これらのプロトコルの多くは、昨年ソウルで開催されたBlackpinkの「Born Pink」コンサートで実施され、2つのショーで約6,000トンが生成された。

YGのヤン・ミンソクCEOとファン・ボギョンCEOは声明で次のように述べた。[We are] 私たちはコンサートが環境や社会に与える影響を特定し、持続可能な解決策を模索することに取り組んでいます。 YG は、現在のライブ音楽体験と音楽が聴衆にもたらす楽しさを確実に将来の世代に引き継いでいくためには、持続可能なコンサートを受け入れることが重要なステップであると信じています。

日本


ジョニーと彼のパートナーは違反を認めた

かつてジャニーズ事務所として知られていた芸能事務所は、同社の元従業員2名が、同社が代表する出演者に対する性的暴行の疑いで告発されたことを認めた。

昨年、BBCの報道で、同社の創業者兼最高経営責任者(CEO)の故ジャニー喜多川氏による数十年にわたる組織的な性的虐待が明らかになった。 これに伴い、社名を株式会社スマイルアップに変更いたしました。 彼女は北川家とは距離を置いた。

スマイルアップ社長で元ジャニーズアイドルの東山紀之氏は、BBCとのインタビュー後、自身のウェブサイトで声明を発表した。

1960 年代から 2022 年まで、ジャニーズ事務所は日本で最も成功した芸能事務所の 1 つであり、男性歌手と俳優のみを扱い、日本のメディアにおいて並外れた力を持っていました。

タイ


生活のための税額控除

新華社通信の報道によると、タイ投資委員会(BOI)は「主要イベントを誘致し、観光拠点としてのタイの地位を強化することを目的に」、大規模な国際コンサート、スポーツイベント、フェスティバルの主催者に対する減税を発表した。 。 。

イベントに少なくとも1億バーツ(274万ドル)を投資した主催者に特典が与えられる。 特典には「設備の輸入関税の免除や、必要な外国人従業員への一時滞在ビザの発給手続きの簡素化」などが含まれる。

これらの利点により、「主催者のコスト、リードタイム、ハードルが大幅に削減され」、世界クラスのイベントの制作が促進されるはずだとBOI事務局長は述べ、タイの観光部門は同国のGDPの約20%を占めていると付け加えた。

READ  リンカーン センターで映画を上映し、日本人映画監督森田吉光の回顧展を開催