Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジア企業は「今すぐ行動」しなければならない

日本最大のエネルギーおよび資源企業のいくつかは、アジア全域で化石燃料プロジェクトを拡大するために全速力で推進しています。 しかし、アジアの銀行や日本企業 (三菱、みずほ銀行、J-Power など) は、気候危機に取り組むためのより大きな行動を求める大口投資家にうんざりしています。

間違いなく、アジアの主要な日本の企業や政府による化石燃料プロジェクトへの継続的な資金提供について、懸念が世界的に高まっています。

昨年末、国際エネルギー機関 (IEA) は、「2050 年までにネット ゼロ」という画期的な決定を再確認しました。これは、新たな炭鉱、油田、またはガス田が、地球温暖化を 1.5 度に抑える可能性はまったくあってはならないというものです。 壊滅的な気候変動を防ぐための摂氏。

日本の大企業が今、気候変動の危機を解決するためにより多くの責任を負うことは、人類の未来にとって不可欠です。 2030年や2050年までではなく、今です。 そうしないと、手遅れになります。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は先週、スイスのダボスでビジネス界と世界の指導者たちに、世界は「新たな革命を加速」し、「化石燃料への依存」を終わらせ、石炭をきっぱりと取り除かなければならないと語った。

近年、気候変動に起因する災害が深刻化・頻発し、日本をはじめアジア諸国を襲っています。

台風、洪水、大規模な熱波は、毎年アジアや世界中で何億もの人々に大混乱をもたらしています。 私たちが迅速に行動しない限り、期待は悲惨です。 気候危機は完全な嵐を巻き起こし、食糧生産を弱体化させ、グローバル ビジネスを破壊しています。

気候関連の災害による推定保険損害額は膨大で、2023 年には 1,200 億米ドル (3.9 兆バーツ) を超えます。国連防災事務所によると、この莫大な額は氷山の一角にすぎません。

国際労働機関による保守的な見積もりでは、熱波とそれに関連するストレスにより、2020 年までに 2.4 兆ドルの経済的損失が生じる可能性があることが以前に示されていました。

ほとんどの日本企業は 2050 年までにネット ゼロ エミッションを約束していますが、多くの企業は依然として主要な化石燃料プロジェクトに投資し、資金を提供しています。 この近視眼的な投資は、長期的には地球と経済にとって危険です。

何十年にもわたる危険な排出を固定することは、地球規模の気候変動対策を深刻に弱体化させます。 また、再生可能エネルギー市場に大規模な投資を行い、気候危機に対するより持続可能な解決策を講じる必要があるときに、お金を間違った方向に向けてしまいます。

昨年、日本の主要なエネルギーおよび化石燃料企業は、持続可能性、ガバナンス、環境、および気候変動に関連するビジネス慣行を改善するための 63 の提案を発行し、これまでで最大の株主の反発に直面しました。

エネルギー企業、大手商社、メガバンクは、ネットゼロへの取り組みと気候変動に取り組むための透明性の向上と緊急の行動を求める記録的な 13 の決定に直面しました。

企業の取締役会は、政策を改善し、正味ゼロ炭素排出量を達成するための経路を含む明確な行動計画を策定することにより、気候危機への対処に関する立場を改善することを余儀なくされています。 しかし、より迅速な行動が必要です。

少数株主は、日本企業に気候変動への対策を強化するよう説得する努力を強めている。 これらの提案は、数千億ドルを占める機関投資家によって支持されており、変化への圧力を沸点にまで高めています。

アジア全体で、気候災害の壊滅的な影響を防ぐための投資が増加しています。 しかし、化石燃料に資金を提供する主要な石炭、石油、ガス会社、および金融機関は、責任を問われなければなりません。

気候危機の実現に関与している日本の主要企業のほとんどは、アジア全域の政府とともに、正しい方向に進むことを約束しています。 しかし、多くの場合、正味ゼロの義務は、世間の精査と圧力の後にのみ達成されます。

昨年半ば、日本政府と住友商事を含む日本企業は、バングラデシュのマタバリにある巨大で気候に悪影響を与える石炭火力発電所への投資を停止しなければならなかった。と世論の圧力。 バングラデシュおよび国際的な環境および擁護団体から。

今後数か月で、日本企業は大口投資家からより厳しい精査を受けることになるでしょう。

昨年の投資額 220 億ドルを占める株主は、三菱、三井住友銀行、東京電力ホールディングス (TEPCO)、および日本最大の火力発電所であるジェラを所有する中部電力の 4 つの日本の大企業に圧力をかけました。 .

圧力はあらゆる方向から来ます。 京都市と神戸市は、日本最大の電力会社の 1 つである関電に挑戦しました。 株主の 3 人に 1 人以上 (36%) が、透明性の向上と、ネット ゼロへの取り組みと気候変動に対する行動に賛成票を投じました。

日本で 2 番目に大きい銀行である三井住友 FJ (金融グループ) の株主の 4 人に 1 人以上 (27%) が、市場の力を含む日本および国際的な環境団体によって提出された提案の後、より迅速な気候変動対策に投票しました。

投資家は、日本企業に対し、事業計画がパリ協定にどのように準拠しているかを示すことを要求しています。 誰も免除されません。

アジア最大の企業や銀行の取締役会は、公平で持続可能な気候の未来のために、その重みを持ち、責任を負う必要があります。


READ  日本は10カ国以上で受け入れられるワクチンパスポートを求めています