Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジア市場、連邦準備理事会、中国PMI、インドPMI

アジア市場、連邦準備理事会、中国PMI、インドPMI

50分前

インドの製造業活動は2月以来最も遅いペースで増加

インドの産業活動 S&Pグローバルの民間調査によると、上昇率は2月以来最低となっている。

同国の製造業購買担当者指数は55.5で、9月の57.5から低下した。

S&Pグローバルは、これで同セクターの健全性は28カ月連続で改善しており、最新の測定値は長期平均の53.9を上回っていると書いた。

PMIの数値が50を上回るとセクターの拡大を示し、50を下回ると縮小を示す。

– イム・ヒジー

2時間前

中国の消費者は今警戒している:チャイナベージュブック

チャイナベージュブックのマネジングディレクター、シェザド・ガジ氏は、中国の消費者は現在、より慎重になっていると述べた。

カシ氏は、中国の消費者が裁量的支出を控えていると指摘し、食品や衣料品などの業界が贅沢品よりも好調であることを強調した。

ガジ氏はCNBCの番組「スコーク・ボックス・アジア」で、「報復支出のほとんどは旅行・レジャー部門で発生しており、今年初めには贅沢品だったのかもしれないが、報復支出の理論全体はおおむね楽観的で、ほとんど非現実的だった」と語った。

ガジ氏は、中国の政策立案者らは年率5%の成長目標の達成に自信を持っているようで、経済に追加刺激策を導入するというプレッシャーはあまりないと言う。

ガージ氏は「中国政府が家計に重点を置いた景気刺激策を講じるという決定に消極的でない限り、消費支出を促進する刺激策の選択肢はあまりない」と述べた。

– シュレヤシ・サンヤル

3時間前

インドのインフレは鈍化する可能性が高いが、選挙後すぐに加速する可能性があるとDPSが発表

DBSのシニアエコノミスト、ラディカ・ラオ氏は顧客ノートで「インドのインフレは選挙シーズン前に鈍化し、その後急速に上昇することが過去のサイクルで示されている」と述べた。

ラオ氏は、今年の選挙シーズンは供給側の力関係が鍵になると述べ、パンデミックが始まって以来、より顕著な供給ギャップや天候の変動により、その傾向がより顕著になっていると付け加えた。

ごく最近では、トマト価格の上昇により、消費者物価は7月に7%以上上昇し、その後9月までに5%上昇しました。

2024年5月、インドでは世界最大の総選挙が開催される。

インドの財政歳入支出は、農業生産に影響を与える不安定な雨による圧力、原油価格、豆類/穀物の上昇、設備投資計画を維持する広範な目標を上回るインフレによる家計の購買力支援の圧力に直面している。

ラオ氏は「中央政府が完全なポピュリストになろうとする圧力に抵抗し、財政健全化により一層取り組むことを期待している」と述べた。

DBSのデータによると、インド株式市場は今年最初の5カ月間に海外ポートフォリオへの196億ドルの堅調な流入を呼び込み、インドの成長見通し、収益の可能性、財務の前向きな見通しでベンチマーク指数を過去最高値に押し上げた。 成長する個人投資家ベース。

– シュレヤシ・サンヤル

5時間前

中国製造業が10月に予想外に縮小、民間調査で判明

中国の製造業活動は10月に予想外の縮小を記録した。 民間調査で明らかになったのは、

財新/S&P世界製造業PMIは10月に49.5と、9月の50.6から低下した。 4カ月ぶりの陣痛だった。 ロイターがまとめたエコノミスト予想は50.8だった。

PMIの数値が50を下回れば景気の縮小を示す。

この調査は、火曜日に同国の国家統計局が発表した公式統計を反映している。

– シュレヤシ・サンヤル

5時間前

円は1年ぶりの安値に

日本の中央銀行が金利を据え置き、制限政策によりイールドカーブがより柔軟になると述べたことを受けて、日本の円は対米ドルで1年以上ぶりの安値を付けた。

円は0.25%安の151.29円で取引され、1ドル=150円を超えた。 現在の水準は2022年10月下旬以来の低水準となっている。

日銀は火曜日、10年国債利回りの目標水準は0%に据え置くが、上限を1%とすることは「通知」すると発表した。

– シュレヤシ・サンヤル

6時間前

韓国は13か月ぶりに輸出が増加。 生産機能が縮小している

韓国は見た 初の輸出増加 10月の輸出は13カ月間で前年同月比5.1%増加した。

これは9月の4.4%減からの反転であり、同国は2022年9月以来初めて輸出が前年比で拡大した。

別々に、 韓国での工場稼働 10月のPMIは49.8と、9月の49.9から若干悪化した。

– イム・ヒジー

6時間前

日銀の決定後、日本市場は翌日で約2%上昇

日本銀行がイールドカーブコントロール政策の柔軟性を高めたことから、日本の市場は火曜日から堅調に取引を開始した。

日経平均株価は流通サービス株と耐久消費財株の上昇で2.05%上昇した。

自動車メーカーのスバル、投資仲介業者の大和証券、半導体企業向けの検査装置を製造するレーザーテックは日経平均株価で最大の値上がり銘柄となっている。

– イム・ヒジー

7時間前

CNBC Pro: ストックフレーションと世界大戦の可能性 – あるヘッジファンドマネージャーが語る、今何を取引して「儲ける」べきか

米国に本社を置くリバモア・パートナーズの創設者兼最高投資責任者、デビッド・ニューハウザー氏は、世界市場は停滞と世界大戦の可能性で動揺しているかもしれないが、いくつかのテーマは短期から中期的に「利益を得る」ための好プレーにつながると語る。

ヘッジファンドマネージャーは株式市場の 2 つの資産クラスとテーマに名前を付けます。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナ

7時間前

CNBC Pro: 「それはあなたを驚かせるでしょう」: 老舗テクノロジーブランドが AI の先駆者であり、この投資家は株を愛している

ある投資家によると、トレーダーは業界の古い一角に関連するハイテク株を「再評価」すべきだという。

ラーデンブルク・タールマン・アセット・マネジメントのフィリップ・ブランカド最高経営責任者(CEO)はCNBCに語った。

「彼らはAI企業になりつつある。彼らはクラウド企業になりつつある…あらゆるビジネス強化のためにネットベースのクラウドサービスのあらゆる側面に拡大している」と同氏は語った。

同社は現在、同業他社よりも「かなり良い」バリュエーションで取引されているハイテク企業であり、「今後数年間で彼らが何をすることができるかに驚かれるだろう」と同氏は語った。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

13時間前

JPモルガンのストラテジスト、投資家に守りの姿勢を保つよう促す

JPモルガンの首席グローバル株式ストラテジスト、ドゥブラフコ・ラゴス・ブハス氏によると、年末が近づくにつれて投資家は守りに入るはずだという。

同ストラテジストは、連邦準備理事会(FRB)の利上げの遅れによる影響はトレーダーが現在予想しているよりも劇的になる可能性があると述べ、投資家に対し現金を保有し、市場のより柔軟な部分に移動するよう促した。 彼は公共事業とヘルスケア、そして配当王を支持している。

同氏は火曜日、CNBCの「ハーフタイム・リポート」で「波及効果があると思う」と語った。 「サイクルのこの時点では、新型コロナウイルス感染症流行下で前例のない注入が行われ、比較的健全な出発点にあるため、反動はこれまでのサイクルで見慣れたものよりも長くなる可能性がある。バランスシートなどについては。」

CNBC市場戦略調査によると、同氏の年末目標であるS&P500指数4,200は、S&P500指数の月曜日の終値をわずかに上回っている。

– サラ・ミン

13時間前

テスラは10月に20%以上急落し、Mac 7の下落につながった

テスラは10月に20.5%下落し、7月中旬に付けた52週間ぶりの高値からは33.5%下落した。 マグニフィセント・セブン Megacap はテクノロジー株のグループです。 エヌビディアは10月に7%以上下落し、8月下旬の高値からは約20%下落している。 アルファベットは10月は5.8%、10月中旬以降は12.7%だった。 3銘柄ともS&P総合500種の2.5%下落を上回った。

Appleは10月に約1%下落したが、7月中旬の高値からは14%以上下落し、メタプラットフォームは今月ほとんど変化がなかったが、10月中旬の高値からは9%下落した。

今月大幅に値上がりしているのは Mac 7 のうち 2 社のみです。Microsoft は約 6.8% 上昇し、7 月中旬からの下落幅は約 8% に抑えられています。 アマゾンは10月に4.4%上昇し、9月半ばからの損失を約9%に抑えた。

チャートを確認してください…

10月のテスラ。

11時間前

バンガードのエコノミスト、FRBには2%のインフレ目標への「平坦な道筋」があると語る

バンガードの首席グローバルエコノミスト、ジョー・デービス氏は、たとえFRBが11月の会合で金利据え置きを決めたとしても、2%のインフレ目標達成までは「平坦な道」に直面するだろうと指摘する。

デービス総裁は書面解説で「インフレ圧力と広範なマクロトレンドは正しい方向に進んでいるが、先週の国内総生産(GDP)報告と依然好調な労働市場は、FRBの2%目標に向けた道のりが険しい道であることを浮き彫りにしている」と述べた。 「今後数年間で自信を持って目標を達成するには、あと1~3回の利上げが必要になると我々は考えている。」

実際、同エコノミストは、金利は長期間にわたって抑制されたままになるだろうと述べた。 同氏は、政策金利を予想の2.5%よりも3.5%近くまで引き下げれば、より中立的な立場の政策立案者が辞任するだろうと付け加えた。

「市場は最近の市場変動の原因となっているこのことをようやく認識しつつある」とデービス氏は書いた。

– サラ・ミン

READ  QRコードとクレーン:日本は現代の墓地を受け入れています