Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジア最大のディープテクノロジー投資会社の1つであるUTECは、2億7500万ドルの新しいファンドTechCrunchを立ち上げました。

東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)ディープテクノロジー投資会社は、2021年6月までに総額300億円(約2億7500万ドル)と見込まれる5番目のファンドの最初の閉鎖を発表しました。UTECの運用資産総額は現在約7億8000万ドルです。これは、日本で最大の科学技術に焦点を当てたベンチャー資本ファンドの1つであり、アジアで最大のディープテクノロジーファンドの1つであると彼女は言います。

UTECは大学と緊密に連携する独立した会社です。 東京大学(UTokyo)と提携しており、テクノロジーライセンスオフィス(TLO)と提携して、研究プロジェクトとして生まれた企業を分離して投資しています。 また、ワセダ大学、京都大学、スタンフォード校、カリフォルニア大学バークレー校、カーネギーメロン大学、ケンブリッジ大学、シンガポール国立大学、インド工科大学などの研究者とも協力してきました。

世界中のUTECの深い技術投資

一般的に、UTECは、ヘルスケア、ライフサイエンス、情報技術、物理科学、エンジニアリングの3つの分野に焦点を当てています。 具体的には、人口の高齢化、労働力不足、旧産業のデジタル化など、日本の最も重要な問題のいくつかに対処する技術を研究しています。

「UTEC5により、日本および世界中で、初期/初期段階からIPO前/合併および買収まで、より大規模かつ一貫した方法でより多くの資金を提供できるようになります」と、マネージングパートナー兼社長の郷治友孝は述べています。ステートメントで。 「これは、私たちのスタートアップの多くが人類の地球規模の問題に取り組むために拡大するのに役立つと思います。」

同社はまた、Arch VenturePartnersやBlumeVenturesなどの他のファンドと提携して、世界中の投資機会を見つけています。

UTECポートフォリオには、すでに80を超える日本のスタートアップと、米国、インド、東南アジア、ヨーロッパを含む他の場所からの30のスタートアップが含まれています。 これまでのところ、25の投資が行われています。 13社が公募により提供され、現在、合計市場価値は約150億ドルであり、12社は合併と買収を経ています。

その出口のいくつかには、質量分析会社である908デバイスが含まれます 昨年ナスダックで一般公開されました; コンピュータビジョンのスタートアップ、Fyusion CoxAutomotiveが買収; そして、だったフィジオス 2013年にGoogleに買収

UTECのポートフォリオの約半分は大学の子会社です。 学術研究で育った企業の場合、UTECは、経営幹部、事業開発、市場参入戦略などの重要な人材の採用を支援することで、商業化をサポートしています。 同社の最初の小切手サイズは50万ドルから500万ドルの範囲であり、通常はフォローアップ資本も提供します

「私たちは通常、会社のその後の資金調達ラウンドへの投資を2倍にし、ライフサイクル全体で会社あたり最大約2300万ドルを投資できます」とグローバルAI投資を率いるUTECのディレクターであるKieranMysoreはTechCrunchに語った。

その他のUTEC投資には、東京大学で設立されたパーソナルモビリティロボティクス企業のBionicMや、カリフォルニア大学バークレー校とは別のロケーションインテリジェンスソリューションの開発者であるLocixが含まれます。 同社はまた、スタートアップが学術機関と協力するのを支援しています。 たとえば、インドのバイオテクノロジー バグワークス 東京工業大学および日本の新興産業用ロボット会社と協力 もじん 彼は現在、カーネギーメロン大学で働いています。

READ  Valveは、「Switch Vs Steam Deck」の比較に応答し、「別のオーディエンスを追いかけている」と主張します