Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジア短編映画祭は、新しい顔、テクノロジーを大画面にもたらします





日本のAI「Furukoto」の短編映画、BoySproutedのスクリーンショット。 (写真提供:短編映画委員会/共同通信短編映画)

東京(京堂)-今年の短編映画祭が始まり、6月にアジアが開かれると、人工知能ロボットによって書かれた最初の日本映画から次の13作品まで、幅広い映画にアクセスできるようになります。 日本の監督は、国内外で名を馳せたいと願っています。

6月7日から20日までの映画祭に先立ち、渡辺優子監督の愛「ふること」による26分の短編映画「Boy Sprouted」など、すでに上映されている映画もあります。受賞歴のある監督の足跡オスカー受賞者の濱口亮介。

浜口は3月のアカデミー賞「ドライブ・マイ・カー」で最優秀国際映画賞を受賞し、数々の国際賞を受賞した後、13年ぶりにこの部門で名誉あるアカデミー賞を受賞した。

注目の13人の監督には、政治ドラマ「ジャーナリスト」の作者である藤井道人と、ツイッターで話題となっている同性愛者のカップルを描いた映画「おさんラブ」を監督した斉藤由貴がいる。

オンラインショーは、6月30日まで世界中の視聴者が利用できます。

主催者によると、1999年に日本の俳優Tetsuya Bessoによって設立された映画祭は、サンダンス映画祭やパームスプリングス映画祭と同等に成長しました。 東京の会場とオンラインでのパフォーマンスを組み合わせたハイブリッド形式で開催されます。

フェスティバルで上映された5本の映画は、翌年のアカデミー賞にノミネートされる可能性があります。

フェスティバルから、クリストフ・ディックの「歌う」とショーン・クリステンセンの「夜間外出禁止令」がオスカー受賞者として登場しました。

数年前のフェ​​スティバルイベントで、浜口は「クリエイターの励みになる出発点」として短編映画の重要性を強調した。

「危機に瀕しているものはそれほど多くなく、好きなだけ映画を作ることができます。しばらくすると、自信を持って長編映画を試すことができるようになります」と彼は言いました。

今年の映画祭では、126の国と地域からの5,500以上のエントリーから選ばれた約200本の映画が上映されます。

昨年と同様に、映画にはコロナウイルスのパンデミック、社会的コミュニケーション、武力紛争についての話が含まれます。後者の問題は、ウクライナでの戦争によってさらに差し迫ったものになりました。

特別特集プログラムの一環として、ジョルジオ・テスティが監督した「Chiusi Fuori」は、COVID-19のパンデミックの中でエンターテインメント業界を再建することについて、英国のスター、コリン・ファースを特集しています。

屋上から撮影した映像から作成されたシリアの戦争に関するドキュメンタリーであるZainIssaの「CityWithoutaSky」では、スマートフォンが示唆に富む画像のキャプチャに大きな役割を果たしてきました。

スマートフォンで撮影された別の作品は、「少年は戦いのために支払う」と呼ばれるスーパーヒーローについての物語です。 13歳の日本人監督、岡タオが監督を務めた。

映画祭はまた、日本の首都でテーマ映画を上映するために日本の首都と協力しています。 彼らの最新プロジェクトは、東京の遠方のスポーツをテーマにした短編映画「サムライソードフィッシュ」で、東京パラリンピックの金メダリストである木村敬一と鈴木孝幸が大きな役割を果たしています。

READ  フレンキー・デ・ジョンとテレル・マラシアの二重発表に対するマンチェスター・ユナイテッドの立場が明らかになった| サッカー| スポーツ