Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アジア陸上競技選手権大会: インドのアビシェク・パル選手が10,000メートルレースで銅メダルを獲得 | その他のスポーツニュース

アジア陸上競技選手権大会: インドのアビシェク・パル選手が10,000メートルレースで銅メダルを獲得 | その他のスポーツニュース

ニューデリー: アビシェク・パル 彼はアジア競技大会初日に銅メダルを獲得し、インドのメダル獲得数に大きく貢献した。 陸上競技 トーナメント。
インド軍出身の 25 歳の選手は、男子 25 周レースで 29 分 33.26 秒という素晴らしいタイムを記録し、大きな決意を示しました。
ベイルは力強いフィニッシュで、疲れ果てた日本人ランナー今井雄人を抑えて3位でゴールラインを通過し、4位に落ち着いた。
高温多湿のコンディションに耐えながら、選手たちは厳しい戦いを繰り広げ、優勝候補の日本の田沢凛選手がレースを通して安定したリードを維持した。 田沢選手は29分18秒44という好タイムで金メダルを獲得した。 一方、カザフスタンのシャドラク・キムタイ・コエチ選手が29分31秒63で完走し、銀メダルを獲得した。

水曜日、パルの活躍によりインド勢初のメダルが確定したが、ベテランやり投げ選手のアヌ・ラニは惜しくも表彰台を逃し、59.10メートルで4位に終わった。 同様に、中距離ランナーのリリー・ダスも女子1500メートルで表彰台を獲得できず、4分27秒のタイムで7位でレースを終えた。
パルはレース後の試合で、「今井が最後の2周でペースを落としているのが見えた。私は彼を追い詰め、ラスト400メートルで懸命にプッシュして銅メダルを獲得した」と語った。
「レース序盤は天気もよかったですが、後半は耐えられないほどでした。」
日本人は28分以内のレースで2回の成績を残した。 しかし、地元の気象条件が競技者に影響を及ぼした。
2019年ドーハ大会の10,000メートル種目で7位に終わったベイルにとって、これは素晴らしい勝利だった。 アジア陸上競技 カタールでのチャンピオンシップ。
「10,000メートルの銅メダルで自信がつきました。5,000メートルではもっと成績を上げなければなりません」とパルは付け加えた。
女子やり投げでは期待が高まったが、ベテランのアヌ・ラニは55.31メートル、58.70メートル、59.10メートル、X、58.46メートル、58.29メートルの記録を出し、メダルを逃した。
アンヌはドーハで開催された2019年アジア選手権で銀メダル(60.22メートル)を獲得した。 日本の斉藤麻里奈選手が61.67メートルの投球で金メダルを獲得し、中国の劉詩英選手が61.51メートルの投球で銀メダルを獲得した。
スリランカのナディシャ・デラニー選手が60.93メートルのタイムで銅メダルを獲得した。
女子1500メートルではインドのリリー・ダスが4分27秒61で7位となった。 1500メートルでは日本の1-2となった。 田中希実選手が4分06秒75で金メダルを獲得し、同郷の後藤由美選手が4分13秒25で銀メダルを獲得した。 スリランカのギャンティカ・トゥハリが4分18秒84で銅メダルを獲得した。
インドのクォーターマイラーたちは400メートルの予選で好成績を収めた。

アイシュワリヤー・ミーシャは53.58秒を記録してヒートに勝ち、木曜日に予定されている決勝に進出した。
水曜日の男子400メートル準決勝では、ラジェシュ・ラメシュ選手(45秒91)とモフド・アジュマル選手(45秒75)が印象的だった。 両者とも決勝進出を決めた。
十種競技ではテジャスウィン・シャンカールが4,124点で初日トップに立った。
(PTI からの意見をもとに)

READ  トヨタジュニアゴルフワールドカップ2023で日本が圧勝、米国女子が2位