Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アスコット・レジデンス・トラストが国内の賃貸住宅3物件を67億8000万円で買収、企業・市場ニュースとトップニュース

シンガポール (勤務時間アスコット・レジデンス・トラスト(ART)は火曜日、日本の賃貸物件3物件を67億8000万円(8520万シンガポールドル)で取得すると発表した。

札幌の中心部に位置するシティコート北1条、ビッグパレス南5条、アルファスクエア北15条の合計411戸の物件です。

コア ホスピタリティ グループは、Ebitda の平均収益率 (利子、税金、減価償却費、償却前収益) は約 4% であると付け加えました。

買収は借入金と、サマセット・シュー・ホイ上海を含む最近の不動産売却による純収入の一部によって賄われ、6月末までに完了する予定です。

ARTの最高経営責任者であるボブ・タンは、買収は「Covid-19による逆風に直面しているホスピタリティ資産から多様化する」のに役立つと述べた.

2020 年、Covid-19 の最中、日本における ART の 11 の居住用不動産の平均稼働率は 96% でした。 「通常、2 年間の住宅リースは、将来のキャッシュ フローの可視性と安定性を高めます」と、取締役の最高経営責任者である Peh Seo Kim は述べています。

最初の学生用住宅資産の早期取得を含めると、ARTの学生用住宅と賃貸住宅のポートフォリオは資産総額の約8%にまで拡大します。 タン氏は、経営陣は中期的にその数を約15~20%まで増やすことを目指していると語った。

日本の賃貸物件の買収後も、ART のマネージャーは、現金、クレジット、売却による純利益を含め、約 12 億シンガポールドルを引き続き利用できると述べた。

信託基金の負債マージンは 19 億シンガポールドル、36.8% です。

ART のステープル証券は、月曜日に 99.5 シンガポール セントで変わらずに取引を終えました。

READ  日本の部品メーカーがランカスターに米国初の工場を開設