Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アストラゼネカワクチンの最後のバッチは月曜日に日本から到着しました

日本政府が提供するアストラゼネカワクチンの最後の出荷は月曜日に到着する予定であるため、政府は3月末までに3月に最初のワクチンを接種したすべての人に2回目の接種を完了することについて楽観的です。 。 今月。

3月の第2週に、65歳以上の約140万人が、インドのセラムインスティテュートが製造したアストラゼネカワクチンであるCovishieldの初回投与を受けました。

日本政府は7月13日、国連が支援する国際的なワクチン共有プログラムであるCOVAXを通じてネパールに160万回分のワクチンを提供すると発表しました。

土曜日に、ネパールは日本から提供されたワクチンの206,060回分を受け取りました。

“今日 [on Saturday]、日本製のアストラゼネカCovid-19ワクチンの2番目のバッチの一部がカトマンズに到着しました。」ネパールの日本大使館 彼はプレスリリースで言った

日本が約束した160万回分のワクチンの半分は、8月7日と8日にすでにネパールに届けられており、現在の予防接種キャンペーンで使用されています。

「残余 [500,000 to 600,000] 保健省のスポークスマンであるSameerKumar Adhikari博士は、日本が提供するワクチンの最後のバッチである用量が月曜日にカトマンズに到着すると新聞に語った。 同省は、すべての県に対し、ワクチンの投与量を保管せず、接種時に使用するよう指示した。

「事前に購入したCoviShieldワクチンが届かなかったため、1回目と2回目の接種の間に大きなギャップがありました。ワクチンを接種した正確な人数の適切な記録はありません」とAdhikari氏は述べています。これらの人々を追跡します。 アストラゼネカワクチンの2回目の接種を逃してはならないことを人々に認識させる必要があります。」

保健省は、日本とブータンが1077,320回(日本から847320回、ブータンから23万回)のワクチンを提供した後、コビシールドの最初の投与を受けた人にアストラゼネカワクチンの2回目の投与を開始しました。

ネパールでは、3月の第2週に最初の投与を受けた65歳以上の人に2回目の投与を行うために、約140万回のアストラゼネカが必要でした。

ネパールは1月27日に、助成金の下で受け取った100万回分のCofiShieldで予防接種プログラムを開始しました。 その後、インド軍は10万回分のコフィシールドをネパール軍に寄付しました。

さらに、保健省は、インドの血清研究所から200万回分のCovishieldを購入する契約に署名しましたが、投与量の半分しか提供されませんでした。

インドは、4月に数百万人が感染し、数十万人が死亡したコロナウイルスの壊滅的な第2波を受けて、ワクチンの輸出を制限しました。

これとは別に、COVAX施設は3月の第1週に348,000回分のCovishieldを提供しました。

ネパールはこれまでに中国からベロ細胞ワクチンを740万回(購入560万回、寄付180万回)受け取っています。

中国、日本、ブータンからの配達に加えて、国はCOVAXを通じて米国から提供されたシングルショットのジョンソン&ジョンソンワクチンを1534,850回接種しました。

政府はすでに世界銀行を通じて米国のワクチン製造業者に400万回分のModernaワクチンを支払っており、ワクチンは2月中旬までに配達される予定です。

また、2月中旬までにコストシェアリングメカニズムの下でCOVAXの投与量が1,100万回になると予想されます。つまり、政府はCOVAXが製造会社に支払った金額と同等のCOVAXを支払うことになります。

READ  あなたのお父さんが月面を歩いている間の地球上の生活