Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アッバスはイスラエルにパレスチナの領土を去る年を与えます| イスラエルとパレスチナの紛争のニュース

国連総会の前に、パレスチナ自治政府の大統領はイスラエルを「アパルトヘイト」と「民族浄化」で非難し、パレスチナの領土から撤退しない限り、国家の承認を撤回すると脅迫した。

パレスチナのマフムード・アッバース大統領は、イスラエルに占領地からの撤退を1年与え、そうでない場合はイスラエルの承認を撤回すると脅迫した。

金曜日の国連総会への架空の演説で、アッバスは、パレスチナの領土からの撤退を拒否した場合、1967年以前の国境(30年間の平和努力の失敗の基礎)に基づいてイスラエルを認めないと述べた。 彼らは将来国を望んでいます。

「占領国であるイスラエルは、東エルサレムを含む1967年に占領されたパレスチナの領土から撤退するのに1年があることを発表しなければならない」とアッバスは述べた。

「これが達成されないのなら、なぜイスラエルは1967年の国境に基づいて認識されているのですか?」

パレスチナの指導者はまた、アントニオ・グテーレス国連事務総長に「国際平和会議を召集する」よう呼びかけ、国連決議に従って「イスラエルとパレスチナの国家の最終的地位を解決するために「一年中働く」準備ができていることを表明した。 「」

数十年にわたるイスラエルの領土拡大を示す地域の地図を背景に、アッバスはイスラエルを「アパルトヘイト」と「民族浄化」で非難し、二国家解決に関する進行中の交渉のためにめったに使用されない用語を使用した。

彼は、パレスチナ人は「パレスチナ国家の領土の占領の合法性の問題について」国際司法裁判所に行く準備ができていると付け加えた。

イスラエルはパレスチナの指導者の要求を無視した。 イスラエルの国連大使であるギラド・エルダン氏は、「平和と交渉を真に支持する人々は、彼の演説のように、国連プラットフォームからのダミーの最後通告を脅かすことはない」と述べた。

エルダン氏は、アッバス氏の演説は「もはや関連性がないことがもう一度証明された」と述べた。

二国家解決を達成するための和平プロセスは、何年もの間行き詰まっています。

パレスチナ人は、イスラエルの提案は彼らに完全な状態を与えることも、パレスチナ難民の運命やエルサレムの地位を含む他の主要な問題を解決することもできないだろうと言います。

イスラエルは1967年の戦争でヨルダン川西岸、東エルサレム、ガザを占領し、占領した土地の違法な占領に終止符を打ちませんでした。これはパレスチナ人が将来の国家に望んでいることです。

パレスチナによるイスラエルの承認は、1993年のオスロ合意の基礎であり、両者間の平和を追求する歴史的な瞬間でした。

イスラエルのナフタリ・ベネット首相は、紛争を解決する唯一の方法として国際社会から広く見られているイスラエルと並んでパレスチナ国家を創設することに反対している。

アッバスは自宅で反発に直面しています。 パレスチナ人は、彼の長くてますます権威主義的な支配とイスラエルとの安全保障協力に不満を持っており、パレスチナ自治政府の評論家が拘留中に死亡した後、抗議行動を組織している。

READ  数千人が封鎖に抗議するオーストラリアでの激しい衝突