Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アニメとTikTokがJ-POPの復活をリード

アニメとTikTokがJ-POPの復活をリード

シンガポール – パンデミック以前は、シンガポールに本拠を置く日本のエンターテイメントイベント主催会社Sozoは、シンガポールで日本の音楽アーティストによるショーを毎年2、3回しか行っていなかった。

しかし、2024年には珠洲市は6月末までに東南アジアで日本人アーティストによる20以上の公演を予定している。

日本のポップス (J-POP) は、1990 年代から 2000 年代初頭にかけてアジアで支配的なジャンルでしたが、2000 年代には韓国のポップス (K-POP) の台頭によって影を潜められました。 現在、復活の兆しを見せています。

Sozo社マネージングディレクターのショーン・チェン氏は、J-POPが復活しつつあると語る。

「以前は、ここで日本のショーのライブチケットを1,000枚か1,500枚販売できれば、それは非常に良いことであり、費用を賄うことができました」と彼は言います。 「今では、より収益性が高くなりました。より速いペースで、より多くのチケットが売れています。」

SOZOはシンガポールでの最大規模の日本人アーティスト公演を終えたばかりで、1月11日にリゾート・ワールド・ボールルームで開催されたデュオYOASOBIのコンサートには5,500人が来場した。

ここでのポップショーのチケットは発売後すぐに完売した。 スゾはまた、クアラルンプールとジャカルタでのYOASOBIのアジアツアーの企画も行っている。

ここでのショーが完売となったもう 1 つの A リスト日本のバンドは、ロック バンドの One OK Rock です。

12月にシンガポール・インドア・スタジアムで行われた4人組バンドのショーは、一般発売開始当日に完売した。

以前、2018年に同会場でコンサートを開催した際には、チケットが完売するまでに2カ月以上かかった。

YOASOBIとは別に、すずさんは2023年9月にシンガポールのキャピトル・シアターでロックバンド、マン・ウィズ・ア・ミッションのコンサートを企画した。

また、彼女は日本人歌手Adoの初ワールドツアーの東南アジアツアーや、日本人シンガーソングライターEveの5月にシンガポール、マレーシア、インドネシアで行うアジアツアーの指揮も担当する。

「日本のアーティストを宣伝するビジネスは本当に劇的に成長しています。私たちはこれらのアーティストのコンサートに焦点を当てた新しい部門を設立しました」とチェン氏は言います。

READ  日本の地震の余波:七尾市で復興が加速する中、映画上映と雨が喜びをもたらす