Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アニメの人気が日本のパブリッシャーのデジタル化を後押ししている

出版業界は長らく低迷が続いています。 でも人気で アニメ 背景の香りとして、日本の大手出版社からの販売が有望な復活を遂げています。 COVID-19 により人々の懸念が高まる中、ホーム エンターテイメントの需要が急増しています。 そのため、デジタルおよび海外市場での売上は急速に伸びています。

デジタル化が容易なコンテンツであるコミックやライトノベルを扱う日本の出版社にとって、デジタル化への移行は成果を上げています。

日本の強豪出版社が打ち立てた記録

角川 5 月に 2022 年 3 月の連結財務諸表を発表し、売上高は 2,212 億円 (16 億 5000 万米ドル) でした。 その結果は、前会計期間よりも 5.4% 増加しました。 また、KADOKAWA の営業利益は 185 億円(1 億 3800 万米ドル)となり、前期比 35.9% の増加となりました。 どちらも過去最高値です。

コミックやライトノベルの人気シリーズに加え、児童書の売れ行きも好調。 海外で販売される書籍のハードコピーの数も増加しています。

KADOKAWAのオンライン電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」は、日本だけでなく、台湾や英語圏でも有料ユーザーが増加しています。 日本のパブリッシャーは、ゲーム業界でも大きな成功を収めています。

小学館2 月の決算では、売上高が 1,057 億円 (7 億 8,700 万米ドル) 増加し、前年比 12.1% の増加となりました。 広報室によると、デジタル売上高は、前年度比 25.2% 増の 382 億円 (2 億 8,500 万米ドル) となり、過去最高を記録しました。

広告

日本のアニメーション、またはデジタル コミックがその 90% を占めていました。

講談社 彼はそれほど遅れていませんでした。 2022 年 2 月に発表された日本の出版社の 2021 年 11 月の財務報告では、デジタル製品の売上が 17.8% 増加しました。 その期間の売上高は 1,707 億円 (12 億 7000 万米ドル) でした。 講談社の広報室によると、デジタルの売り上げがハードコピーの売り上げを上回ったのはこれが初めてだという。

日本のパブリッシャーはアプリを通じて売り上げを伸ばしています

日本のアニメ販売の増加は、主要なパブリッシャーにとって後押しとなった. 講談社広報室は「デジタル販売はヒットしたアニメ作品だけでなく、軒並み伸びた」と話す。

講談社によると、アニメアプリ「マガジンポケット」の成功が売上増につながっているという。 出版総研によると、2021年の日本のアニメ市場(推定売上高)は、印刷物とデジタルコピーを合わせて6,759億円(50億3000万米ドル)で、前年比10.3%増でした。 2年連続で独自のデジタル売上記録を更新しました。

日本の出版社
「BOOK☆WALKER」はKADOKAWA電子図書館の英語版です。 アプリを利用した海外有料会員が増えています。

専修大学の大村八潮教授は、電子出版市場について研究を行っている。 彼は、縦スクロールのアニメーション アプリケーションの成功が成功の大きな要因であると述べています。 消費者は、パンデミックのために家にいるようになって以来、サブスクリプション サービスに慣れてきました。

また、縦スクロールアニメの成功により、新規ユーザーが市場に参入しました。 「紙の本とは異なり、漫画アプリは企業が社内で顧客を管理し、新しい戦略を立てることができます」と彼は言います。

彼は続けて、「主要なパブリッシャーは 2010 年以来、デジタル トランスフォーメーションに向けて取り組んできました。そのため、この移行は非常にうまく機能しています。」

海外市場に期待

この進歩は、海外市場の発展が加速するという期待に貢献します。

広告

エンタテインメント業界の専門家である中山敦氏は、「新型コロナウイルス感染拡大の影響で欧米にアニメが流入したことで、日本のアニメ人気が高まった。その結果、より多くの作品が制作されている。コミックとノベル」と述べている。アニメシリーズの原作が販売されています。

最近の成功の鍵は「見える化の容易さ」だと中山氏は言う。

「日本のアニメやライトノベルはビジュアルと相性がいいです」と彼は言います。 「海外のコミックや漫画の半分以上は子供向けです。しかし、日本は全年齢向けの世界最大のシリーズ数を誇っています。デジタル化を使用して海外に拡大すれば、市場規模は現在の数倍に成長する可能性があります」と彼は予測しています。 .

デジタル戦略の最先端に耳を傾ける

デジタル技術を活用する日本のパブリッシャーはどう変わるのか? 私たちは尋ねました 安本洋一、KADOKAWA Corporation の CEO であり、Chief Employee Success Manager です。

デジタル化に取り組み始めたのはいつですか?

2010年にBOOK☆WALKERをスタートしました。独自のプラットフォームを構築することで、ユーザーと直接コミュニケーションをとり、購買行動を分析できるようにしたいと考えました。

BOOK☆WALKERがヒットした理由を教えてください。

ユーザーが利用できるシリーズの数を増やすことに重点を置きました。 たとえば、さまざまなオプションを提供するために、アーカイブから文字列を含めました。

電子書籍は再販価格維持制度の対象外のため、独自の価格設定が可能です。 ユーザーが第 3 巻以降を購入するまで、第 1 巻または第 2 巻を無料にするキャンペーンを頻繁に実行しています。

広告

海外で売れ筋のブランドは?

ライトノベルは、台湾と北米の両方で非常によく売れています. 最近、COVID-19 の影響でアニメーションのプラットフォームが拡大しています。 海外の書店は日本のコミックコーナーを拡大しています。 これまでニッチな市場でしたが、日本のコンテンツの価値が高まっているように感じます。

日本のパブリッシャーにとって、デジタル化はコンテンツ制作に関して何か変化をもたらしましたか?

これから創作のプロセスが変わると思います。 持っているデータを分析し、クリエイターと共有したい。

たとえば、流行語に関する書籍を執筆し、データを使用してユーザーの行動を視覚化しながら新しいビジネスを生み出すことを著者に提案することができます。

デジタル化の可能性は?

物理的な制限がないため、グローバル化が容易です。 KADOKAWAはIP(知的財産)を創造する会社です。 しかし、それはプラットフォームでもあります。

ここ10年ほどで知識と経験が蓄積されてきたので、新しいことに挑戦できます。 たとえば、紙の書籍や電子書籍を購入してもらうキャンペーンを実施することで、読者との新しいつながりを築くことができます。

海外のユーザーはますますお金を払っているかもしれません。 しかし、日本の出版社は現在、どのような課題に直面しているのでしょうか?

この春、社内翻訳管理センターを立ち上げました。 これまで海外の出版社に翻訳を依頼してきました。 でもこれからは自分たちで翻訳することでスピードアップしていきます。 日本のアニメをいち早く海外に届けたい。

関連している

(日本語でレポートを読む このリンクで.)

作者:上原さとこ

広告

READ  PlayStation Stars は、コレクション用のデジタル PS1 ゲームである The Tech Demo Dinosaur を日本にもたらします。