Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アニメ日本会議はウイルス時代に適しています

土曜日から東京ビッグサイトでアニメ「ジャパン2021エキスポ」が4日間(3月27日〜30日)ライブで開催されるので、日本の漫画ファンは通常の状態に戻った気分を味わうことができます。

ただし、物理的な個人的なイベントは発生しないため、このイベントはブースに限定された固定のイベントである可能性があります。 代わりに、ファン向けのステージショーからビジネスセミナーや専門家向けの会議まで、すべてがオンラインになります。

東京が4月7日に非常事態を宣言し、6つの州で、通常は多くの場所にファンを連れて行く毎年恒例のイベントであるAnim Japanは、昨年キャンセルされました。

今年、ショーケースは先週の日曜日に東京で別の緊急事態が解除された直後に始まります。 しかし、国の首都での症例数は木曜日に394に達した。

ビッグネームは、大ヒットした「鬼滅の刃」TVシリーズや映画製作者のUfotableなど、日本のアニメハウスになります。 その「鬼滅の刃フェイストレイン」は昨年、日本の興行収入で過去最高を記録した。

東南アジアと米国ソニーが所有する会社はGrungerollを買収する過程にありますが、米国の規制当局がその取引を行う可能性があります。

バーチャルビジネスミーティングに加えて、業界リーダーとのオンラインセミナーが3月29日と30日に英語字幕付きで開催されます。事前の登録は必要ありません。

ミュージシャン兼声優のタゴール・ニシカワ、アニムジャバン2021の公式アンバサダーをフィーチャーした、ファンがオンラインで利用できるステージイベントの長いリストもあります。 51の劇場イベントのうち5つは、「鬼滅の刃」に捧げられたものを含め、米国、タイ、シンガポール、台湾、香港、メッカの外国人ファンによって見られます。

READ  キックオフは何時ですか、どのテレビチャンネルがオンになっていますか、そして私たちの予測は何ですか?