Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アニメ映画「すずめ」の中国での興行収入が日本を上回る

アニメ映画「すずめ」の中国での興行収入が日本を上回る

中国での日本のアニメ映画「すずみ」の興行収入は日本のものを上回った、と現地メディアが月曜に報じた.

興業通信社が発表した映画ランキングによると、日曜日の時点で、新海誠監督の最新作の日本での興行収入は約 144 億 8000 万円 (1 億 800 万ドル) でした。 この映画は昨年11月に日本で公開されました。

2023年4月13日、北京の映画館で放映された日本のアニメ映画「すずめ」のプロモーションポスター。(共同撮影)

開発は、すずめの映画が新しい興行記録を打ち立て、中国で公開された日本のアニメ映画としては史上最高の興行収入を記録し、新海の前作『君の名は。 2016年発売。

ファンタジー映画の公式微博アカウント、中国版のツイッターは、「すべての観客」に感謝の意を表し、「今日の奇跡を生み出したのは皆さんの支援と愛です」と述べた。

新海監督はツイートで海外の視聴者に感謝の意を表し、日本の興行収入が100億円を超えたのは「初めて」だと述べた。

この映画は、17 歳の少女と謎の青年が協力して日本中の災害を防ぐ冒険を追ったものです。

『すずめ』は日本での公開と同時に大きな成功を収め、20年以上ぶりに日本のアニメーション映画としてベルリン国際映画祭で最優秀賞にノミネートされました。

中国が今年初めに厳格な「コロナウイルスの拡散防止」政策を完全に撤回した後、レジャーや娯楽産業への支出を含む消費は急速に回復しています.


関連記事:

日本のアニメ映画「すずめ」が中国で興行記録を更新

日本のアニメ映画「すずみ」が中国と韓国で大ヒット



READ  日本のスパイダーマンFunkoSodaが地球のエンターテインメントの世界に飛び込む