Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アニメ:日テレがネットフリックスと大型ライセンス契約


日本を代表するエンターテインメント企業である日本テレビは、最も人気のある 13 のアニメ タイトルを、世界中での非独占放送のために Netflix にライセンス供与しました。

2022 年 9 月 2 日に放送される最初のタイトルには、スペイン、イタリア、フィンランド、トルコ、南アフリカ、サウジアラビア、米国を含む 104 か国で利用できる人気の「Hunter x Hunter」シリーズの最初の 38 エピソードが含まれます。アラブ首長国連邦; 190ヶ国にある桜蘭高校ホスト部。 そしてクレイモアは136か国に。

その他 – Netflix がアップロードする順序でリストされています – 「デスノート」 (37 エピソード x 30 分) を含みます。 『デスノート:リライト1』(130分)、『デスノート:リライト2』(120分)を14カ国で配信』『From Me to You』(25話×30分)、『From Me to You 2nd Season』( 13話×30分)、『ベルセルク』(25話×30分)、『パラサイト・ザ・マキシム』(24話×30分)、『ナナ』(47話×30分)、『はじめの異邦 ファイティング』 』(76話×30分)、モンスター』(74話×30分)。

「『ハンター×ハンター』や『デスノート』などの人気アニメを制作してきた日本テレビでは、長年アニメが原動力となってきました。日本テレビの国際事業開発担当アニメーションセールスおよびライセンスオフィサーである井上茜氏は、「アニメファンが世界中でこれらのタイトルについて話していることに疑いの余地はありません。

日本テレビは以前、最大のドラマ シリーズ「Old Enough」を 190 か国で Netflix にライセンス供与しており、アジア諸国では 30 の最大のライブ シリーズとエンターテイメント番組をライセンスしていました。

READ  ボルトエピソード204ネタバレ、ナルトとサスケに対するジゲンの戦いが始まります