Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アフリカに鳥の存在以前から存在する謎の鳥のような足跡:ScienceAlert

アフリカに鳥の存在以前から存在する謎の鳥のような足跡:ScienceAlert

研究者らは、約2億1000万年前に遡る、アフリカにあるいくつかの鳥のような足跡の化石を詳しく調べた。

これらの足跡はいくぶん神秘的です。最古の鳥類の祖先の化石でさえ、あと 6,000 万年は出現しないのです。

これらの足跡は知られていました 数年間しかし、南アフリカのケープタウン大学のチームは、この地域の 4 つの別々の場所からすでに採取されていた化石のより包括的な分析を実施したいと考えていました。

特に、80 メートル (262 フィート) にわたって続く足跡であるマブツセン遺跡の記録を調べると、研究者は次の 2 つの異なるタイプ (または形態型) の足跡を特定することができました。 トリサウロポデクス カテゴリー – これは、鳥のような 3 本指の足跡に以前付けられた名前です。

「私たちの発見は、トリサウロポディスカスには 2 つの異なる種が存在し、そのうちの 1 つは鳥の足跡に似ていることを示唆しています。」 彼は書く 地質学者のミンジャ・エイブラハムズとエメシー・パーディの論文。

研究者らによると、最初の形態型は足が大きくて長く、足の指が互いに接近していたという。 これらの足跡は、別の種類の化石化した足跡と何ら変わりません。 アノメーバス研究者らは、ある種の恐竜が残したものだと信じている。

2 番目のタイプについては、これらの足跡は平均してサイズが約半分で、長さよりも幅が広く、足の指は薄かったです。 この形態型はよりあいまいですが、現生の鳥類に近いものです。

典型的なプリントの疑似カラー深度マップの隣の画像: 最初の形態型 (左) と 2 番目の形態型 (右) の比較。 (エイブラハムら、 ワンプラス、2023)

研究者らは、形態学的に2番目のカテゴリーに分類される足跡は、最初の鳥の祖先によって残されたものだと考えている。 言い換えれば、恐竜は化石記録が示すよりもずっと早くから鳥に似た特徴を示し始めていた可能性がある。

「三畳紀後期に遡る南アフリカのこれらの足跡は、新生代の痕跡や現生の鳥の足跡によく似ており、中生代後期の主竜類の収束した足の形態を裏付け、鳥のような足の形態の起源が少なくとも2億1千万年前のものであることを強く示している」歳だよ」「、」 彼は書く 研究者たち。

実際にどの古代の怪物がこれらの足跡を残したのかという謎はまだ解明されていないが、研究者らはそれが何らかの種類のものであった可能性があると考えている 三本指の主竜 – 今日の鳥とワニの両方を私たちに残した進化の木の枝。

これらの足跡の原因となる動物についてさらに詳しく知ることができる化石の探索が続けられている一方で、この研究は数億年前に遡り、鳥がそれ以来どのように進化してきたのかという興味深い情報を提供します。

「化石の足跡は、古代の多様性、行動学、進化の傾向を推測するために使用できます。」 彼は書く エイブラハムズとパーディ。

「これは、動物グループの初期の歴史が限られた化石骨格材料に基づいている深い期間に特に役立ちます。」

この研究は、 ワンプラス

READ  COVID、RSV、またはインフルエンザ? 症状の見分け方は?