Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アメリカの新興企業がこの夏、日本で少量のCOVIDワクチンをテストしています

東京発-ファイザーやその他の日本での臨床試験で生産されている現在のワクチン投与量の10分の1未満しか必要としない新しいタイプのコロナウイルスワクチンが近づいています。

米国を拠点とするVLPTherapeuticsは、6月までに日本の承認を申請し、夏までに臨床試験を開始することを目指しています。 最初のフェーズでは、大分大学病院の数十人の参加者が参加します。

このワクチンは、ファイザー/ BioNTechワクチンでも使用されているメッセンジャーRNA(mRNA)を使用しています。 メッセンジャーRNAは、コロナウイルスに見られるタンパク質を生成するように細胞に指示します。 このタンパク質は、ウイルスに対する免疫応答を刺激します。

しかし、RNAは体内で容易に分解されるため、注入ごとに十分な量を注入する必要があります。 実験的なVLPワクチンは、mRNAにそれ自体を複製するように指示を含めることにより、この問題を解決しようとします。

VLPは、各人に必要な用量は1〜10 mcgであると推定しています。これは、他のRNAベースのワクチンに必要な量の1%〜10%です。 理論的には、日本の全人口は約130グラムから1,300グラムを必要とします。

VLPは、今年の初めに第II相試験に移行し、2022年に大規模な第III相試験を実施することを目指しています。臨床試験がうまくいけば、富士フイルムがワクチンを製造します。

VLPは、米国国立衛生研究所のワクチン研究者であるしんぶん赤旗によって2013年に設立されました。 このスタートアップは、日本の商社である双日や宮古キャピタルなどの投資家に支えられています。 また、2020年度から日本医学研究開発庁の支援を受けています。

同社によれば、動物実験により、VLPワクチンは南アフリカとブラジルのコロナウイルスの亜種に対して有効であることが示されています。 「安全で効果の高いワクチンを現地で製造できれば、日本で憂慮すべき変数が発生した場合の対応が容易になります」とAkhata氏は述べています。

同様のワクチンが米国で開発されており、UKUSを拠点とするArcturus Therapeuticsなどは、6月までに10,000人以上の参加者を対象に第III相臨床試験を開始する予定です。 米国とシンガポールでの第I相および第II相試験は有望な結果を示したと報告されました。 英国のインペリアルカレッジロンドンは、裁判の第2段階を開始しました。

規制当局にとって、これらのワクチンは安全性を評価するための新たな課題を提起します。

東京医科歯科大学の板高圭司教授は、「mRNAの自己複製が過剰であると、予期せぬ副作用を引き起こす恐れがある」と述べた。

READ  中国で発見された「ドラゴンマン」の頭蓋骨は、人間の家系図に種を追加する可能性があります