Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アメリカの航空会社は高く飛んでいますが、ウイルスの引き寄せは日本の航空会社を減らしています

東京発-日本航空が火曜日に発表した大規模な損失は、業界の低迷からの回復を大きく緩和した。

彼らの多様な財産は、デルタ航空やアメリカン航空のような企業に、エピデミック後の状況における独自の優位性をもたらし、一時的な紛争を永続的な道に変えることを可能にします。

日本航空は火曜日、4月から6月の四半期で579億円(5億2900万ドル)の純損失を報告した。 堅調な貨物貿易とコスト削減により1年前の赤字は緩和されましたが、乗客数は流行の影響からまだ回復していません。

JALの最高財務責任者である菊山秀樹氏は、「需要が満たされるかどうかを予測するのは難しい」と述べた。

JALは5月に、国際トラフィックがエピデミック前のレベルの40%を超え、国内旅行がその基準の80%を超えた場合、コアビジネスが利益を取り戻す可能性があると述べました。 しかし、6月の時点で、これらの数値はそれぞれ30%と7%にすぎません。

全日本空輸の親会社であるANAホールディングスにとって、回復の機会はより良いものです。 同社は前四半期に511億円の損失を報告した。

ヨーロッパの通信事業者も同様のジレンマに直面しています。 ブリティッシュ・エアウェイズの親会社であるインターナショナル・エアラインズ・グループは、流行の現在の影響を引用して、四半期あたり98 981百万(11.6億ドル)の税引き後損失を報告しました。

デルタ航空は、堅調な国内旅行需要に直面して収益が回復するにつれて、キャパシティ投資を行います。 ©ロイター

対照的に、ワクチンが進歩した米国の主要な保因者は回復し始めています。 上位3社(ユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空)の四半期の純利益は2億3700万ドルでした。 後者の2つは、2020年の第1四半期以来初めて黒字でしたが、ユナイテッドの敗北はエピデミックの間は非常に小さかったです。

これらの開発は、主に国内旅行によって推進されています。 国際航空運送協会によると、米国の国内旅客輸送量は、日本では32%であったのに対し、2019年6月には85%増加しました。 ヨーロッパでは、国際輸送と短距離便が一般的で、2年前のわずか31%でした。

国内旅行も米国市場で比較的大きなビジネスシェアを持っており、デルタとアメリカ人は国内線からの乗客収入の70%を稼いでいます。 ANAとJALの同等の感染前の役割は約半分です

IATAは、業界が出血を止め、2022年までに崩壊し始めると予想しています。 コロナウイルス株の世界的な流行が世界中に広がるにつれて、人々が国内の入国制限を維持するために国境を越えるにつれて、国境を越えた旅行はさらにゆっくりと回復する可能性があります。

これらの航空会社は、フリートを追加してサービスを拡大することで再編を活用しており、コロナウイルス後の産業再編を進めることができます。

「RecoverySteamを通じて、業界をリードするパフォーマンスをサポートするための投資を行っています」とDeltaCEOのEdBastianは述べています。

READ  ある種のリサイクルプラントに新たな命を吹き込む日本オープン