Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラゴン グランプリ、予選結果、タイム、1 位、レコード フランチェスコ バニャイア、ジャック ミラー、リーダーボード

フランチェスコ バニャイアは、アラゴン グランプリの予選を突破し、MotoGP シーズンで 5 位に入賞して、モーターランドのコース記録を打ち立てました。

過去 4 レースで優勝し、ライダーの順位を上げてきたこのイタリア人は、1 分 46.069 秒差で首位に立ち、ドゥカティの最前列をリードしました。

オーストラリアのジャック ミラーは、もう一方のファクトリー バイクで 0.09 秒で 2 位、イタリアのイナ バスティアニーニは 0.154 秒で 3 位のグリシーニ ドゥカティを獲得しました。

Cayo でレースをしながら、MotoGP 2022 のすべての練習、予選、レースをライブで広告なしで視聴できます。 カヨは初めてですか? 今すぐ無料トライアルを開始 >

オーストラリアのドゥカティ ライダー、ジャック ミラーは、予選セッションで 2 位を獲得しました。 (写真提供: パウ・バリナ/AFP)出典: フランス通信社

バニャイアは昨年の予選で設定した 1:46,322 のラップ レコードを更新し、ポール ポジションから優勝しました。

「今までで最高の時間だ」と彼は言った。 「こんな時は今まで経験したことがなかった。だから、こんなに完璧にできている。とても、とても幸せだ。明日は仕事を終わらせなければならない」 バイナヤは、リーダーでチャンピオンのファビオ クアルタラロに 30 ポイント差をつけられています。 ドゥカティ VR46 のイタリア人マルコ ペシチよりわずか 0.05 秒速く、アプリリアに乗ってチャンピオンシップで 3 位のスペインのアレックス エスパルガロは、バニャイアに 3 ポイント差をつけ、ブラマのフランスのヨハン ザルコに次ぐ 3 位です。 ●ドゥカティワゴンは2列目にクアルタラロが先行。

「ベストを尽くした」と、最近のレースでドゥカティのスピードマッチに苦戦しているクアルタラロは語った.

「6位入賞は僕たちにできる最大の、最大の、最大の結果だったけど、明日もうまくやれると思う」

「かなり暴力的なオーバーテイクをしなければならないだろう。接触しなければならない場合は、そうするだろう。それが、このレースの私にとって唯一の解決策になるだろう」

6 度のワールド チャンピオンであるマルク マルケスは、右腕の 4 回目の手術の後、今シーズン初めてレースに出場し、13 位で予選を通過しました。

Francesco Bagnaia が優勝を祝う。 (写真提供: パウ・バリナ/AFP)出典: フランス通信社

予選は少人数の観衆の前で開催され、MotoGP Dorna の主催者は、来シーズンは毎週末実質的に 2 つのレースが行われ、土曜日にスプリント レースが行われると発表しました。

ライダーは、ハーフ ディスタンス レースで半分のポイントを獲得します。 土曜日の朝の予選通過者は、日曜日のスプリントとメイン レースの両方のグリッド位置を決定します。

金曜日の 2 回目の予選セッションには時間が追加され、1 時間続きます。

一方、スズキは金曜日と土曜日にフリープラクティスに参加したジョアン・ミールが予選をオプトアウトし、9月25日の日本GPも欠場すると発表した。

2020 年のワールド チャンピオンで、チャンピオンシップで 13 位の彼は、8 月のオーストリア グランプリの開始時に激しいクラッシュで右足首を負傷しました。 その後、スペイン人は 9 月初旬のサンマリノ GP を欠場しました。

チームによると、ミールは「重度の運動不足と痛みの増加」を示したという。

Moto3 では、チャンピオンシップ リーダーのイザン ゲバラが GasGas の中心的なステージに立ちましたが、この週末は、仲間のスペイン人マリア エレーラが MTA Angeluss の全員女性クルーのワイルド カードから 5 年ぶりにカムバックしたことを示しています。

28 歳の Herrera は、2013 年から 2017 年まで Moto3 に 53 回出場しました。

「ライダーからメカニックまで、トラックで働く女性の数を増やすことを望んでいるため、全員が女性のチームを作ることにしました」とチームマネージャーのオーロラ・アンジェルッチはスペインの新聞マルカに語った.

Herrera は、グループの真ん中で苦戦したチームに乗り、16 人のライダーのうち 15 位で予選を通過しました。

モーターランドのアラゴン MotoGP のグリッド:

前の列: 1. Francesco Bagnaia (ITA / Ducati)、2. Jack Miller (AUS / Ducati)、3. Enea Bastianini (ITA / Ducati-Gresini)

2 行目: 4 – アレックス エスパルガロ (スペイン / アプリリア)、5. ヨハン ザルコ (FRA / ドゥカティ プラマック)、6. ファビオ クアルタラロ (FRA / ヤマハ)

3 行目: 7. マルコ・ベッツェッキ (ITA / Ducati-VR46)、8. ホルヘ・マルティン (ESP / Ducati-Pramac)、9. アレックス・リンス (ESP / スズキ)

四年生: 10. ブラッド・ベンダー (AFS/KTM)、11. ミゲル・オリベイラ (POR/KTM)、12. 中上貴明 (日本/ホンダ – LCR)

5年生: 13 – マルク・マルケス (スペイン / ホンダ)

READ  オランダGP:メルセデスのトト・ヴォルフがDNFの角田有希に質問し、ルイス・ハミルトンの勝利は「そうだった」と言う