Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラブ首長国連邦は、その有効性が懸念される中、中国のワクチンの3回目の接種を提供していますコロナウイルスパンデミックニュース

全国紙は、UAEがシノファームの最初の2回の投与後にコロナウイルスに対する抗体に感染していなかった「少数の」人々に3回目の投与を行ったと報じました。

沿って ブルームバーグ

アラブ首長国連邦は、国の迅速な予防接種プログラムの基礎となっているワクチンの有効性が懸念される中、すでに2回の接種を受けた人々に3回目のSinopharmを提供することを計画しています。

UAE National Crisis and Disaster Management Authorityは、次のように述べています。「以前にワクチンを接種し、2回目の接種から6か月以上経過した人は、追加の追加接種であるSinopharmを利用できるようになりました。」

中国企業のSinopharmGroupは今月、ワクチンに対するWHOのサポートを獲得しましたが、ワクチンが個人を重度のCovid-19感染から保護しながら、ウイルスがより多くの人々に感染して感染するのを防ぐのにどのように役立つかについて疑問があります。

ナショナルは3月に、UAEがSinopharmの最初の2回の注射後に抗体を開発しなかった「少数の」人々に3回目の投与を行ったと報告しました。 世界保健機関によると、病院の症状や病気の予防におけるシノファームの有効性は、すべての年齢層を合わせて79%と推定されています。

他のワクチンメーカーもブースターショットを開発するために競争しています。 これらのものがいつ必要になるのか、必要なのか、誰が必要なのかは不明ですが、企業はウイルスが変異し続け、定期的なブースターショットが必要になる可能性があるシナリオに備えています。

アラブ首長国連邦でシノファームを現地で製造しているG42のCEOであるPengXiao氏は、3月にブルームバーグに、「サードショットが私たちの周りに見られる新しい突然変異からの保護に役立つかどうかをテストしている」と語った。

アラブ首長国連邦は世界で最も速いワクチンの1つであり、約1,000万人の人口に1,150万回以上のワクチンを提供しています。 感染は1月にピークに達して以来、65%以上減少しており、国は今年の月曜日に症例の増加が最も少ないと報告しました。

ファイザー社のワクチンの使用が承認されています。 アラブ首長国連邦の予防接種プログラムは、地元で生産されているSinopharmに基づいていますが、AstraZenecaPlcも同様です。

シノファームの投与量は、世界の他のどの国よりも多くの人口にワクチンを接種しているセイシェルで摂取された投与量のほぼ60%を占めていますが、症例が増えるにつれてウイルス関連の制限を取り戻すには至っていません。

症例数の増加により、有効性への懸念が高まっています。 セイシェルもアストラゼネカワクチンを使用しています。

READ  29歳の女性が、出没した池で泳いでいるときにワニに負傷しました。