Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラリップがアニメと出会う舞台

日印外交関係樹立 70 周年の文化的祝賀会では、ダンス、音楽、演劇が披露されました。

日印外交関係樹立 70 周年の文化的祝賀会では、ダンス、音楽、演劇が披露されました。

インドと日本の外交関係樹立 70 周年を記念して、インド日本商工会議所、信託基金、およびチェンナイの日本協会は、8 月 6 日に文化公演の夕べを開催しました。 このイベントは、広島と長崎への壊滅的な核攻撃から、テロを生き延びた人類と文化の力を祝うことを目的としていました.

その夜、チェンナイ カラオケ バンド (CKB) と IJCCI ランゲージ スクールの生徒たちが演奏し、日本総領事の多賀雅之氏がトランペットで演奏しました。

インドと日本の関係はかつてないほど強固になっています。 人々の間の交流が増え、お互いをよりよく知るようになるので、私はこれらのタイプのプログラムが好きです. 総領事は、「日本語を学んでいるインド人学生のパフォーマンスを聞いて特にうれしく思います。日本人は素晴らしいです。」と述べました。

最近、学生たちはチェンナイで印日文化の夕べを開きました。 | | 画像ソース: SRINIVASAN KV

IJCCI ランゲージ スクールの学生であるサーリシュマ スリジャットは、インドの舞台芸術の芸術と遺産であるバラタナティヤムの素晴らしいパフォーマンスでショーを開始しました。 彼女は、インド文化の豊かさを反映した荘厳さと優雅さを呼び起こすアラリップとウラガム プガズムを演じました。

続いてチェンナイ・カラオケ・アンサンブルは、ドラムの加藤新、キーボードの熊谷浩介、ギターの坂本義行、ギターとベースの田中茂彦と野瀬正明、ボーカルの三浦真一郎とネラガ・サンダー・ラジャン総領事からなる。 トランペットの多賀雅之さんは、IJCCIランゲージスクールの生徒数名が日本語で演奏し、歌っているのを見ました。 特筆すべきパフォーマンスは、ジョン・デンバーによる常緑の日本語「Take Me Home, Country Roads」の日本語化でした。

最近、チェンナイで開催された印日文化の夕べ。

最近、チェンナイで開催された印日文化の夕べ。 | | 画像ソース: SRINIVASAN KV

登場人物が日本語の早口言葉だけでしゃべるというユーモラスな寸劇の後、観客も参加する早口言葉のゲームが行われ、日本語または英語で話す機会がありました。

日本への世界的な関心を呼び起こした文化的現象であるアニメは、ユーリ!!! on ICE、NARUTO、鋼の錬金術師、けいおんなどの人気アニメの曲で満たされたミュージカルドラマの形をとっています. 発達のさまざまな段階を経た思春期の生活が示されています。 結局のところ、ユーリ!!! on ICEが語っているように、私たちは皆、歴史を作るために生まれてきたのです。 私たちは歴史から学びます。 私たちはそれを携え、再び歴史を作る力を持っています。

READ  東洋と西洋のスタイルを融合させた日本のファッションデザイナー、森英恵さんが96歳で死去