Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アリーナ・サバレンカの友人、コンスタンチン・コルツォフがマイアミで42歳で死去

アリーナ・サバレンカの友人、コンスタンチン・コルツォフがマイアミで42歳で死去

ベラルーシの元アイスホッケー選手であり、テニス選手アリーナ・サバレンカのパートナーでもあるコンスタンチン・コルツォフが42歳で死去した。

ロシアのクラブ、サラヴァト・ユラエフは火曜日の声明でこのニュースを認めたが、死因は公表しなかった。

コルツォフはフロリダにいて、先週のインディアンウェルズ大会後にマイアミ・オープンに出場する予定の恋人サバレンカをサポートしていた。

フォワードとしてプレーしたコルツォフは、2002年と2010年の2回のオリンピックでベラルーシ代表としてプレーし、2002年から2006年までの3シーズンをNHLのピッツバーグ・ペンギンズで過ごした。

サラヴァト・ユラエフは声明で「サラヴァト・ユラエフのコーチ、コンスタンチン・コルツォフの死をお知らせするのは非常に悲しいことだ」と述べた。

「彼は強くて陽気な人物で、選手、同僚、ファンから愛され、尊敬されていた。コンスタンチン・エフゲニビッチは私たちのクラブの歴史に永遠にその名を刻んだ。

「彼が安らかに眠れますように。」

ペンギンズは声明で次のように付け加えた。「ペンギンズは、元ペンギンズフォワードのコンスタンチン・コルツォフのご家族と友人に深い哀悼の意を表します。

「ベラルーシ出身のコンスタンティンは、1999年にペンギンズの1巡目指名選手で、2003年から2006年までチームに在籍し、NHLの144試合に出場した。2005年から2006年のシーズンには、シドニー・クロスビーとマリオ・レミューの両方とチームメイトだった。」

サバレンカの父セルゲイは元アイスホッケー選手で、2019年に髄膜炎のため43歳で急死したが、グランドスラム優勝者は今年の全豪オープン優勝後、サバレンカが「最大のモチベーション」だったと語った。

コルツォフは氷上でのスピードで有名で、2002年のソルトレークシティと2010年のバンクーバー冬季オリンピックではベラルーシ代表チームの代表として出場した。

コンスタンチン・コルツォフはベラルーシ代表としてFIFA男子世界選手権に出場する

(ゲッティイメージズ)

ストライカーはペンギンズでも144試合に出場し、サラヴァト・ユラエフ監督時代の2008年にロシア・プレミアリーグのタイトルを獲得し、その後2016年に引退した。すぐに指導者への転身が決まり、ウファを拠点とするサラヴァト・ユラエフ監督のチームにアシスタントコーチとして復帰した。

『ピープル』誌によると、サバレンカとコルツォフは2021年6月に交際を始めたと報じられており、二人は世界第2位のサバレンカのインスタグラムアカウントに頻繁に登場している。

「@koltsov2021を愛しています」とサバレンカさんは以前の投稿で書いた。

“ハッピーバースデー私の愛。 あなたは私の最愛の人であり、私の親友であり、私の最も強力なサポートです。 平和、強さ、忍耐、そして健康があなたにありますように。

「計画したことがすべて達成されることを願っています、愛しています。」

今年1月、メルボルンでサバレンカが全豪オープンで2連覇を達成した際、コルツォフが彼女に拍手を送る姿が見られた。

サバレンカは先週インディアンウェルズで行われたラウンド16で、エマ・ラドゥカーノを2セット連続で破ったものの、エマ・ナバロに3セットの末(3-6、6-3、2-6)で敗れた。

彼女は金曜日にマイアミ・オープンのラウンド64で初戦に出場する予定だが、トーナメントに出場するかどうかは現時点では不明だ。

READ  マクラーレンのニュース、ランド・ノリスとオスカー・ピアストリ、ダニエル・リカルドの将来