Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アルゼンチンのハビエル・マイリー氏、穏健派の元トレーダーを経済大臣に任命

アルゼンチンのハビエル・マイリー氏、穏健派の元トレーダーを経済大臣に任命

エディターズ ダイジェストを無料で開く

アルゼンチン次期大統領ハビエル・マイリーは、マイリーの過激派イメージに対する市場の懸念を強める伝統的な選択として、同国の中道右派運動出身の元財務大臣を経済大臣に任命した。

ルイス・カプート氏は、かつて保守派のマウリシオ・マクリ大統領の下でアルゼンチン財務省を務め、その後2017年から2018年に中央銀行を短期間務めた(同氏はマウリシオ・マクリ氏を「大統領」と呼んだこともある)。 [Lionel] メイシーズ・ファイナンス。

JPモルガンやドイツ銀行に勤務した元トレーダーであるカプート氏は、ウォール街やブエノスアイレスの銀行セクターとの密接な関係で知られている。

アナリストらは、アルゼンチンペソを米ドルに切り替えるというマイリー氏の主な選挙公約の支持者ではなかったカプト氏の選出を、リベラル派が他の改革を優先することを示唆していると解釈している。 アルゼンチンの経済学者の多くは、ドル化は危険で役に立たないと分類している。

マイリー氏は水曜日のラジオインタビューで、カプート氏は今週、米財務省および国際通貨基金の当局者らと会談するため次期大統領とともにワシントンを訪れ、「経済大臣だ」と述べた。

しかし、彼の事務所はコメントの要請にすぐには応じなかった。 経営幹部の経験のないマイリー氏は、これまでに任命を辞退したことがある。今月初め、マイリー氏は、彼女の代わりに別のスタッフを任命するため、以前に社会保障庁長官に内定していたカロリーナ・ピパロ氏の人選を取り消した。

マイリー氏は以前、経済史教授でドル化支持者であるエミリオ・オカンポ氏をアルゼンチン中央銀行の指導者および「閉鎖」に任命していた。 しかし、マイリー氏が選挙に勝利した直後、カプート氏が経済省に任命されるとの噂が広まり、オカンポ氏は辞任した。

マイリー氏は中銀総裁が誰になるかは明らかにしなかった。 現在、独立した財務省は存在しないが、カプート氏の前財務大臣時代には経済と財政の役割は分離されていた。

今年初め、カプト氏の経済コンサルティング会社アンカー・ラテン・アメリカは、ドル化の実施は「不可能ではない」ものの「困難」であり、「複雑な法的・財政的構造」が必要になるとする調査結果を発表した。

マイリー氏は、自身の経済計画は、アルゼンチン国家の「鋸(のこぎり)」と呼ぶ支出の迅速な削減と、増え続ける地元債権者が抱える23兆8000億ペソ以上の短期ペソ建て負債の山を解決することに重点を置くと述べた。 。

「明らかに、私たちが解決しなければならない最初の問題は、 [those liabilities]マイリーは水曜日、地元ラジオ局でカプート氏の任命を認めたと語った。

同氏はさらに「それを行うことが不可欠だ…われわれには多くの経験がある。なぜなら、そこでミスをすればハイパーインフレに陥るからだ」と付け加えた。

カプート氏は、債務はもはや紙幣の印刷ではなく公的資金で支払われることを市場に示すため、短期証券とソブリン債の自発的な交換を支持しているとの考えを示した。

カプート氏はまた、アルゼンチンが今年の目標をほぼすべて達成できていない国際通貨基金からの430億ドルの融資についても再交渉する必要がある。

このプログラムは、2018年にマクリ氏が受けた失敗した570億ドルの融資の借り換えであり、カプート氏はこれに反対していると述べている。 同氏は国際通貨基金当局者らとの緊張の中、中央銀行総裁としての3カ月の任期を辞任した。

カプト氏は2015年にマクリ政権に加わった際、高リスクの新興国債券を専門とするオフショア投資ファンドとの関係を適切に開示しなかったのかどうかについて、2018年に連邦捜査を受けた。同氏は以前、就任前にファンドとの関係を断ったと主張していた。 地元メディアは、捜査はまだ進行中であると報じた。

カプート氏は、2018年の市場危機で突然終わった大規模な借入キャンペーンの一環として、2017年に100年国債を発行するという物議を醸した決断でも記憶されている。アルゼンチンは2020年にセンチュリー債の債務不履行に陥った。

マイリーは他の主流派政治家を任命する予定であることを示唆した。 同氏は、大統領選でマイリー氏と対立した親マクリ党党首パトリシア・ブルリッチ氏を安全保障相に任命する考えを示唆しており、彼女がマクリ政権でその役割を担っていた。

世論調査会社CBコンチュラのディレクター、クリスチャン・ボッティ氏は、こうした動きが12月10日の就任式を前にマイリーの支持率を押し上げたと述べた。

「マイリーは59パーセントの肯定的な評価でスタートするだろう。これは彼の得票率56パーセントよりも高い」とボッティは語った。 「これは部分的には、彼が自分の側近に近づくのではなく、政治的スペクトルの他の部分と協力することにオープンであることを示したからです。」

READ  エコノミストは、ウクライナが戦争努力を継続するためには「根本的な」改革が必要であると警告している