Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アルバーツ、Investing.comを通じてオーストラリアと日本での販売を拡大

アルバーツ、Investing.comを通じてオーストラリアと日本での販売を拡大

©ロイター。

サンフランシスコ – 持続可能な履物およびアパレルのブランドである Allbirds Inc. は、オーストラリアと日本での流通ネットワークを拡大する合意を最終的に締結し、これらの地域での直販から代理店モデルに移行しました。 この動きは、国際的な存在感を高めることを目的とした同社の広範な戦略的変革計画の一環である。

2024 年 6 月 1 日より、業界大手のゴールドウィン株式会社が日本におけるアルファードの独占販売代理店となります。 ゴールドウィンは、環境の持続可能性への取り組みと、アウトドアおよびスポーツウェア市場における専門知識で知られています。

アルバーツの最高財務責任者アニー・ミッチェル氏は、「ゴールドウィンは世界クラスの販売代理店であり、日本でのブランド認知度を高める上で、彼らの地域の知識と専門知識から恩恵を受けることになる」と述べた。

2024 年 7 月 1 日より、Compendium Group は、Alberts の最初に指定されたオーストラリアの代理店として機能します。 チームはオーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島全体でブランドの認知度を高め、魅力を高めることに注力する。

Compendium には、この地域で革新的なブランドの宣伝に成功してきた歴史があります。 「私たちの精神的な故郷であるニュージーランドを含むオーストラリアは、私たちのブランドにとって重要な市場であり、この地域での私たちの取り組みを主導するには、Compendium以上に優れたパートナーを求めることはできません」とミッチェル氏は付け加えた。

ゴールドウィンおよびコンペンディアムとのパートナーシップは、それぞれの地域の専門知識を活用し、環境に優しい製品を開発するというオールバーズの使命と一致することが期待されています。 両ディストリビューターは、アルバーツの持続可能なアプローチと自社の企業価値観との相乗効果に熱意を表明しています。

サンフランシスコに本社を置き、ニュージーランドにルーツを持つアルバーツは、2016 年にウール ランナー シューズを発売して以来、人気が高まっています。 同社は何百万足もの靴を販売しており、サトウキビをベースにした SweetFoam™ などの素材や、ユーカリ繊維やメリノウールなどの繊維を使用し、快適さ、スタイル、品質を重視し続けています。

この記事の情報は株式会社オールバーズからのニュースリリースに基づいています。

この記事は AI のサポートを受けて作成され、1 人の編集者によってレビューされました。 詳細については、利用規約をご覧ください。

READ  日本の人気スキー場トップ 10