Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アレクサンドル・ルカシェンコ氏の健康状態:ベラルーシ大統領、体調不良の噂が広まった政府の主要行事を欠席

アレクサンドル・ルカシェンコ氏の健康状態:ベラルーシ大統領、体調不良の噂が広まった政府の主要行事を欠席

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は主要な国家式典を欠席し、先週から公の場から姿を消しており、同大統領が重病に陥っているのではないかとの憶測が広がっている。

68歳の指導者は、例年、国旗・国章・国歌の日の恒例行事として国民に演説するのだが、日曜日の行事には欠席し続け、首相が代表でメッセージを読み上げた。

ベラルーシの独裁的指導者が最後に公の場に姿を現したのは、モスクワでの戦勝記念日の祝賀行事中の5月9日だった。

第二次世界大戦でのソ連の対ドイツ勝利を記念するミンスクのイベントでルカシェンコ氏が発言しなかったのは初めてだ。

国営ベルタ通信によると、若者たちが旧ソ連の国旗に忠誠を誓う年次式典で、ロマン・ゴロフチェンコ首相はルカシェンコ氏のメッセージを読み上げた。

大統領欠席の理由は示されておらず、ルカシェンコ大統領の事務所はコメントを拒否した。

ロシア議会の幹部はルカシェンコ氏の病気に関する情報を確認し、同氏は病気ではあるが新型コロナウイルスには感染していないとメディアに語った。

国家院下院幹部のコンスタンチン・ザトゥリン氏はロシアのオンライン新聞「ポディオム」に次のように語った。[Lukashenko] ただ体調が悪いだけで、少し休む必要があるかもしれません。」

ベラルーシの野党ユーロラジオ局は、ルカシェンコ氏が土曜夜にミンスクの大統領医療センターに搬送されたと発表した。 ただし、この情報はまだ確認されていません。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の親しい同盟者である大統領は、5月9日に戦勝記念日のパレードのためにモスクワを訪れたが、手には包帯を巻いて疲れた様子だった。 報告によると

同氏はショー終了後すぐに立ち去り、プーチン大統領との昼食は抜き、到着後首都ミンスクで献花した。

ルカシェンコ氏は欧州最後の独裁者とも呼ばれ、1994年からベラルーシを統治している。

裁判所が反対派のメディアを閉鎖し、反対派に長期の懲役刑を課す一方、指導者が抗議活動を武力で鎮圧することで反対の声を抑えていることが知られている。 活動家たちは一斉に国外へ逃亡した。

未確認の報道や噂によると、ルカシェンコ氏は西側諸国の制裁により渡航できないため、西側諸国では腰の手術を受けなければ麻痺に陥る可能性があるという。

2020年、英国や欧州連合(EU)を含む多くの国が、大統領選挙での不正投票とその後の抗議活動の弾圧疑惑を理由に同指導者に制裁を発動した。

反政府勢力が不正行為だと非難した大統領選挙で、同氏が圧勝者であると宣言した後、大規模な反政府抗議活動が勃発した。 中央選挙管理委員会は、ルカシェンコ氏が得票率81%以上を獲得したと発表した。

数千人の抗議参加者が警察やベラルーシKGB治安機関の職員らに逮捕され激しく殴打されたが、ルカシェンコ氏はロシアの支援でなんとか権力の座を維持した。

READ  スペイン野党、欧州連合に恩赦法の停止を要求