Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アロンソ、「国籍の問題」としてのF1スチュワードの偏見についてFIAに話す

アロンソ、「国籍の問題」としてのF1スチュワードの偏見についてFIAに話す

いくつかのレースを通じて、アストンマーティンでは、一部のFIAレーススチュワードの最悪の決定をドライバーがどのように受けているかについて不安があった。

アロンソはオーストラリアで潜在的に危険な運転をしたとしてペナルティを言い渡され、コーナリングに向けて速度を落としすぎたためにジョージ・ラッセルを追いかけていたメルセデス勢が巻き込まれる事故を引き起こした。

アロンソは中国でスプリント中のカルロス・サインツとの側面接触で再びペナルティを科せられ、ストロールはセーフティカー下でダニエル・リカルドの後部と衝突して衝突したが、チーム代表のマイク・クラックはその決定は「イライラする」「不公平」だと感じた。 。

マイアミ・スピードウェイでは、このスペイン人選手はレース序盤にルイス・ハミルトンの積極的なインサイド攻撃を受け、チームメイトのランス・ストロールとマクラーレンのランド・ノリスも巻き込む4台の混戦に発展した。

アロンソは、ハミルトンが「スペイン人ではない」という理由で1周接触のペナルティを免れることに対して怒りを表明した。 日曜日のグランプリの予選を通過してから4時間後、彼は自分の扱いについて依然として同じように感じていた。

「国籍は重要だと感じている」とアロンソは語った。 「そして私はムハンマドと話します」 [Ben Sulayem, FIA president]、FIAとか何でも。

「自分の国籍に問題がないか、あるいは決断に影響を与えるようなことがないかを確認する必要がある。私だけでなく、将来の世代のスペイン人ドライバーたちも守られる必要がある。

「ハミルトンが車をコントロールせずに内側から迫ってきたので、ギャップを開けなければならなかった。もしそんなことをしたら、間違いなくペナルティを科せられるだろう。」

アストンマーティンF1チームのフェルナンド・アロンソがメディアに語る

写真:ザック・モーガー / モータースポーツの写真

アロンソはまた、マイアミ・インターナショナル・サーキットでの期待はずれの予選セッションにもイライラしており、F1の中盤の熾烈な戦いで間違った方向にいたことに気づき、15位でQ2を終えた。

「予選では少しがっかりしました。Q1で15位、Q2でも15位だったので、今日はあまりスピードがありませんでした。」と彼は認めた。

「今朝からセッティングをいくつか変更しましたが、時間を考えると期待通りに機能しなかった可能性があり、いつもより競争力が少し下がっています。

「高速ではアンダーステア​​が多すぎ、低速ではオーバーステアになりました」 [corners] どの乗り物でも車のグリップを感じませんでした。

「コンマ2秒なら、8位か15位になる可能性がある。ここ数レースは良い側にいたので、我々はそのグループの悪い側にいる。

「厳しいレースになるだろう。ランスが11位でポイントを獲得できることを願っている。私が15位にいるのは非常に難しいだろう。」

READ  物議を醸しているポルトのミケル・アルテタ監督が、フルタイムでの衝突を引き起こしたために亡くなった親族を侮辱した疑いで告発される