Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アンカガスは日本の英雄の統一の呼びかけを歓迎する

IBFスーパーフライ級チャンピオンのジェロエンアンカガスは、最近彼のWBOスーパーフライ級タイトルを擁護した日本の井岡一翔が提起した挑戦を喜んで受け入れました。

パナボ市の29歳のプライドは日曜日にビジネスミラーに語った。 「私は世界タイトルを統一することにオープンであり、それと戦いたいと思っています。」

イウカ(記録27-2×15ノックアウト)は、先週の水曜日に日本で行われた苦戦を強いられた戦いで、メキシコのフランシスコ・ロドリゲスを満場一致で破り、タイトルを維持しました。 彼はすぐにフィリピン海軍の予備軍アンカガスを統一の戦いに呼びました。

「私はいつでもどこでも彼と戦うつもりですが、それは私のプロモーター次第です」とアンカガスは言いました。

しかし、マニーパッキャオのMPプロモーションチーフであるショーンギボンズは、アンカガスが米国で11月にまだ決定されていない敵に対して10回目のベルトを守った後、アンカガス-イウカを団結させるための戦いは来年初めまで待たなければならないと述べた。

「私たちはその戦いを歓迎し、その戦いを愛しているが、ジェロエンのスケジュールは11月に米国で戦い、その後の統合を歓迎することだ」とギボンズ氏は語った。 「私たちはまだジェロエンのために持っているものを探しています。」

昨年4月10日、コネチカットでの全会一致の決定により、メキシコのジョナタンハビエルロドリゲスの挑戦を阻止した後、アンカハス(記録33-1-2、22ノックアウト)は、ジョーベンヒメネスによって指導および管理されました。

「私はいつでも準備ができていなければならないので、ここブキドノンで一生懸命トレーニングします」とアンカガスは言い、ジメネスが来週マニラで米国ビザを更新するとすぐに米国に飛ぶだろうと付け加えた。 「私はスタミナを改善し、パワーとスピードを打つ必要があります。」

メキシコのWBCチャンピオンのファンフランシスコエストラーダや、まだフィリピンのスターと呼ばれていない米国のボクシング国際ジョシュアフランコとは異なり、イウカだけがアンカガスに挑戦しました。

READ  日本は海外の放射性プラント設備の処分を検討している